サラサラいこうね

体調管理(セルフメンテナンス)とトマトジュース、ときどきぼやき

鼻炎・副鼻腔炎・花粉症

ナゾネックスのジェネリック(後発医薬品)モメタゾン点鼻液の効果と感想

この記事の目次 ナゾネックスは花粉症やアレルギー持ちの薬 モメタゾン点鼻薬はかなり安い ジェネリックでも使い勝手はほとんど一緒 使用した感想と効果 ナゾネックスは花粉症やアレルギー持ちの薬 季節の変わり目や花粉症など、アレルギーを持っている人は…

副鼻腔炎による嗅覚障害の治療でリンデロンを使った効果と感想

1ヶ月前から慢性副鼻腔炎の治療でマクロライド系の長期少量投与を行ってきたのだけれど、その効果があってか、だいぶ鼻の調子は良くなってきました。 鼻づまりに悩むこともほとんどなくなり、すこぶる調子がいい。 夜中も起きることなく、よく眠れてうれしい…

副鼻腔炎が再発したのでクラリスで治療します。

1ヶ月半前ぐらいから、鼻が詰まったり、喉に鼻水が流れてくる後鼻漏があったりで、何か痰がたまりやすいような状態になった。それが喉を刺激するから咳も出る。喘息と近い症状が出てくる。 季節の変わり目の鼻風邪か、使い始めたエアコンのカビが原因か、な…

【新しい効き方のアレルギーの処方薬】ルパフィンの効果と喘息薬との組み合わせ

この記事の目次 エアコンのカビで咳喘息が再発する ルパフィン(RUPAFIN)とは? 喘息薬(モンテルカスト)との組み合わせ エアコンのカビで咳喘息が再発する それほど強くないけれど、アレルギー性の鼻炎と花粉症を持っており、たびたびブログの記事にも書…

気圧の変化で顔面に激痛が!飛行機頭痛や雨の日頭痛の対処方法。

飛行機着陸時や低気圧が怖い 気圧の変化で頭部(顔面)に異常をきたす時がある。 特に飛行機で着陸するときに、眉間や目の奥などが痛くなるときは、ありませんか? これは、飛行機頭痛や真空性頭痛などと言われていて、飛行機の降下時に、副鼻腔内の圧力のみ…

【花粉症の処方薬】ザイザルは効果が強いが眠気は少なめでした。

この記事の目次 アレロックは眠くなる ザイザル錠とは 服用した効果 アレルギー薬は体質との相性が重要 アレロックは眠くなる 最近、気候の変化なのか、乾燥によるハウスダストなのかは定かではないが(花粉はまだ飛んでいないよね)、鼻炎がある。ちなみに、…

痛くない鼻うがいのやり方。100均でそろう道具とコツを教えます。

鼻うがいをおすすめするためのやり方とコツ。鼻腔内の洗浄であり、副鼻腔内はどうにもなりませんが、それでも鼻炎、鼻づまりの解消には役立っている。鼻うがいは安価で100均の容器、洗浄液は生理的食塩水でOK。必要量のほか、食塩水に添加するアズノール(ア…

【プチ禁酒のススメ】痩せるし、鼻も通るし、臭覚も復活。脳がだまされていたことを実感できる。

1か月前からプチ禁酒を始めました。 完全にお酒を断ったわけではないから「禁酒」ではない。 「プチ禁酒」「ほぼ禁酒」それとも「節酒」ともいえるかもしれない。 定義がよくわからないが、簡単に言えば、飲み会はサボらず参加するけれど毎日の晩酌をやめた…

副鼻腔炎の症状を知らないだけで、罹患している人は結構多い。治療でスッキリしよう。

副鼻腔炎は国民病 副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症は軽度のものも含めれば5人に1人は持っているといわれている。 鼻腔が狭いことや、アレルギー体質が多いという日本人の身体的特徴もあるとのこと。 検索等で、ここにたどり着いた方の関心は高く、「副鼻腔炎」にプ…

副鼻腔炎の治療-その後の経過

前回までのはなし ひと月ほど前から始めている慢性副鼻腔炎の治療。 ちゃんと薬を飲めば、少しずつ改善してはいくと信じて続けるのが重要ということで、地道な目標のもとに継続中。 このときはクラリスというマクロライド系の抗生物質の少量長期投与で様子を…

薬による副鼻腔炎の治療の体験談

ずいぶん前から咳払いや、喉がスッキリしない症状に悩まされていました。単純に痰が絡んでいるからとおもっていて、喘息の薬とか色々と試してみたり、とにかくそっち方面の治療を試みていたのですが、ある時、気になる言葉を見つけました。 後鼻漏 鼻水が喉…

当ブログのコンテンツの無断転用はおやめください。