サラサラいこうね

体のメンテナンスとウォーキング(ドラクエウォーク)

ナゾネックスのジェネリック(後発医薬品)モメタゾン点鼻液を使ってみた。


季節の変わり目や花粉の季節など、アレルギーを持っている人は定期的にアレルギーを抑える薬を処方してもらっていると思う。

飲み薬の場合もあれば、鼻に直接、噴霧するタイプのものもあるだろう。

私も鼻炎持ちなので年間の半分以上は、ナゾネックス(モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物)という薬を使っています。

この薬は、私にはとても相性が良くて、鼻の通りがすごく良くなるし、鼻水もしっかりと抑えられる 。

 ただ、この薬、ちょっと高いのです。

 

保険適用で3割負担ではあるが、そこそこの金額になる。

最近では、花粉症等のアレルギー薬については、保険適用外にしようとの議論もある。

そんなこと言われたらびっくりしちゃいますよね。

 

つい一週前、同じように耳鼻科で薬を処方してもらったのであるけれど、その足で薬局で薬を出してもらうと、いつもの緑色と違う青い袋が。

ジェネリックが出たとのこと。

その名も、

・モメタゾン点鼻液50μg「杏林」56 噴霧用・112 噴霧用

 

杏林製薬のプレスを見ると8月23日に発売とのことだったので、9月半ばくらいからぼちぼち、調剤薬局に普及し始めているのでしょう。

 

このジェネリックなのですが、かなり安い。

1瓶、56噴霧用で薬価が710円

これまで使っていたナゾネックスは

1瓶、56噴霧用で薬価が1730円

41%ぐらいだから、6割引き?

実際には、耳鼻科での受診料、薬局での調剤手数料等もかかるので、そこまではディスカウントされず、3割引きぐらいになるけれど、まとめて処方してもらう場合には、だいぶ得にはなりますよね。

 

実物を見れば外観のラベルは違えど形はほぼ一緒。

左がナゾネックス、右がモメタゾン。

f:id:nmory:20191027172106j:image

キャップの色も合わせたのは何か意図があるのかな?

おそらく、間違えないようにでしょうね。同じ機能ですから。

 

キャップを取るとこのようにこちらも瓜二つ。
f:id:nmory:20191027171637j:image

薬液を噴霧するノズルのメカニズムは実用新案や特許等があるのかもしれないなんて思ったのだけれど、それもそのはず、

ナゾネックス製造発売元はMSD株式会社ですが、日本での販売元は杏林製薬

対して、このジェネリックのモメタゾンは、製造発売元がキョーリンリメディオ株式会社になって、販売元は同じく杏林製薬

ちょっとややこしいですが、製薬の認可の世界なので、こういうことはよくあることなのです。

全く関係ないところが販売するジェネリックよりもだいぶ安心ではありますね。

 

それでは使用感です。

鼻の調子が良かったので、すごーーーく意識して使ってみると、ほんの若干、刺激があるような気はするのですが、多分気のせい。ノズルからの出てくる量、霧の具合に違いはありません。

そのような違いといっても、少しでも鼻が詰まっているときは気づかないレベル。

まあ、名の知れた杏林製薬ですからちゃんとしたもの作りますよね。

 

使った効果も、これまで通りとあまり変わらない。

これは助かるなと思いました。

 

これから気候が寒くなって、乾燥してくると、気管支炎(咳喘息)も出てくる体質の私。

シムビコートもジェネリックの認可が下りたのだから、早く出してほしいな~、というところです。

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。