サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

エアコン鼻炎にルパフィンを使ってみた。眠くならないので調子がいい。


それほど強くないけれどアレルギー性の鼻炎を持っており、たびたびブログの記事にも書かせていただいています。

新しい薬を使ったのでその使用感を書いてみます。

この時期のエアコンのカビが苦手

今の時期は、風邪や冷気による刺激もなく、花粉も飛んでいません。

なので、これまで使っていなかったアレルギー性疾患の治療薬を試すのにちょうどいい時期だったりもします。抗アレルギーの薬は同じものばかりだと体が慣れてしまいますからね。

それで、アレルギー性鼻炎の薬をいくつか試していたところ、この時期にちょっといい組み合わせを見つけました。

 

私の場合、今の時期に一番気になるのはエアコンから出てくる黒カビ?これが苦手。

これに由来する、呼吸器系の不具合や鼻づまり、息の苦しさがありました。

 

これまでは、

ザイザルやアレロックなどを使っていたのだけれど、

特に鼻水が大量に出るわけでもなく、

いわゆる鼻閉型の鼻づまり。

これに困っていたのです。

もちろん、エアコン由来の不調に絞れば、今まで使っていたアレルギーの薬とは求める機能が異なってくることから、別の選択肢も出てきます。

 

使っていた薬への耐性も考慮しながら、耳鼻科の先生に、これまでと違うものは何かないかなと相談していたところ、

ルパフィンを使ってみようかということになりました。

ルパフィン(RUPAFIN)とは?

このルパフィン。

昨年後半頃から日本でも使われるようになった薬です。


f:id:nmory:20180619075009j:image

抗ヒスタミン作用+抗PAF作用による、比較的新しい作用機序の薬とのこと。

PAFとは、platelet activating factor(血小板活性化因子)といって、細かいところは医療関係者に聞いてもらいたいが、ザクっといえば、

ヒスタミン→アレルギー反応を引き起こす化学伝達物質

PAF→血管拡張や白血球の活性化、神経の刺激性などがあり、くしゃみや鼻水、鼻閉などのアレルギーのような反応を起こす症状の原因になるとのこと。

新しいけれど、薬価もそれほど高くありません。むしろ、アレルギー疾患治療薬としては安価な部類。

 

喘息薬と組み合わせました

そして、これに特に子供用の喘息薬でおなじみのキプレスやシングレアを合わせるというもの。

これの具合がなかなかいいのです。

また、特に素晴らしいのは、アレルギー系の薬の命題ともいえる眠気。

これがないのがとてもいいです。

また、後鼻漏等によって、咳が出たり気管支を刺激して喘息を誘発したりするのですがこれを抑えてくれる。

とても理想的な薬の組み合わせだなと思っています。

私の持っているアレルギーはハウスダストやカビ等の反応で花粉はそれほどではありません。なので、通年にわたって使えるのではないかと思っています。

切り口の異なる新薬がいろいろ出てくると、選択肢が増えて、患者のベネフィットは広がりますよね。

 

ただし、日本で発売されてからまだ1年を経過していない新薬の部類となるため、処方日数に制限がかかり、一度に処方してもらえるのは14日間(2週間)までとのこと。

今年の12月にはいるまでは、処方してもらう頻度がちょっと忙しいですね。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。