サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

読書の時間

秋の夜長に読みたい安部公房。「R62号の発明・鉛の卵」はいかが?

安部公房といえば、芥川賞をとった「壁」、世界的に有名な「砂の女」が有名ですが、もっと面白い作品があります。 せっかくの秋の夜長。 これを読んでみたらどうでしょうか。 これは短編集で 「R 62号の発明・鉛の卵」という文庫本です。 12編の短編が収めら…

「すべての教育は「洗脳」である」を読んだら、イチローはやっぱすごいって思った話。書評です。

最初、題名を見たときに、堀江さんが書いた本ということもあり、日本の教育の在り方をとことん、こき下ろす類の内容かと思ったが、そうでもないような内容であった。 うわべだけ斜め読みすると確かにそう。 こてんぱんにこき下ろしている。 学校という教育現…

【文章のコツ】読みづらいのは漢字が原因かも。ひらがな表記が望ましい言葉を知っていますか?

社内メールなどの文章の冒頭に必ずある一言。 「お疲れ様です」と「おつかれさまです」 「ご苦労様です」と「ごくろうさまです」 どちらも同じ使い方で同じ意味なのだけれど、読む際の受け取り方の印象はどうでしょう。 前者の場合、なんだか読む前から疲れ…

【秋の夜長のおすすめは館シリーズ】綾辻行人のミステリーにはまったことがあります。

スーパーでは、ぼちぼち秋刀魚を見かける時期になってきました。 もうすぐ秋ですね。 食欲の秋もいいですが、食べてばかりもいられません。 秋の夜長の過ごし方を今のうちから考えておくのもいいかもしれませんよ。 今回、ここでおすすめする綾辻行人の小説…

松岡修造は「修造思考」を出版すること自体が前向きなんだと思う。

タイトルがきわめて微妙な言い回しに見えますが、これしか思いつきませんでした。でも安心してください。ディスってないですよ。 いつ買ったんだか憶えていないんだけれど、 「人生を変える修造思考!」 =毎日をワクワク生きるための自己変革術= という本…

【三島由紀夫】文学を読むようになったのは金閣寺がきっかけだったんだ。

人生を変えたとまでは言わないまでも、文学って面白い。と考え方が180度変わったのがこの本でした。三島由紀夫の金閣寺。 もう20年は経つけれど、いまだに大切に持っています。 当時はこんなメラメラ系の装丁。雰囲気が出ています。 高校生の頃に部活も引退…

安保関連法案の対案模索に立ちはだかる「バカの壁」

じくじくと不安に思っていたけれど、国会だけでなく、メディアに登場する公称文化人等も感情的な発言になっているのを見て確信した。(尾木ママとか土俵が違うだろうに) お互いを理解した議論を前提にしないと何も進まないということ。 もともと安保関連法…

文藝春秋が溶けるように売れていたよ。火花もスクラップ・アンド・ビルドも今一つだったけれど。

今日は朝方から書店の近くを通ったものだから、覗いてみる。 案の定、がっちりと高く積まれた文藝春秋。 本当にこんなに売れるのかなとの感を覚え、小一時間ほどの用事を済ませて書店に再び。 飛ぶように売れるとはよく言うけれど、箱状に積まれた文藝春秋が…

思い起こせば、芥川賞を狙っていた頃もありました。

半分冗談ですけど。 えっ、じゃあ、半分は本気だったのか・・。 と冗談はさておき、ピースの又吉さんが芥川賞を取りましたね。 会見では太宰治の話ばかりでなんだか、いまいちでしたが。 (そういう編集だったのかな) さて、芥川賞って、どちらかと言うと話…

安保関連法案で違憲や戦争で騒いでいるけれど、簡単に言えばここがやばいんです。

安保関連法案とだけ聞くとなんだか平和っぽい。 「安」心を「保」つみたいな、そんな漢字のイメージ。 もっと正確に言うと、「集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案」と言う。 これでも非常にわかりにくい。 最たるわかりにくさは「集団的自衛権」…

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。