サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

トマトジュースを6か月間、朝晩飲んで実感した効果などを記します。


トマトジュースを毎日欠かさず飲みはじめて半年以上経ちました。※現在、2年6か月経過

もともとトマトジュースは好きなので、飲むことに苦はありませんでしたが、出張、キャンプや深夜まで続く飲み会にも負けず、毎日欠かさず朝晩つづけるのには、ある程度、意地になることも必要でした。たまに行く海外などでは手頃なサイズも売っていません。

このおかげで、トマトジュースの効果等もいろいろ実感しているので書いていきます。

導入:一般的なトマトジュースの効果

前半:実感した具体的な効果

中段:継続的に飲むために考慮(農薬等)したこと

後半:個人的におすすめのトマトジュースの銘柄

をメインに書いていますので参考にしてください。

※適宜、最新情報に更新しています。

 f:id:nmory:20150908232312j:image

【予備知識】一般的なトマトジュースの効果って ?

トマトジュースと言えばリコピンとカリウム。

この効果・効能は想像以上に素晴らしいものであり、ちょっと、恣意的な表記もあるかもしれないけれど、カゴメを信用して、こんな記事を鵜呑みにトマトジュースを飲む習慣にすることを決めました。

www.kagome.co.jp

いいことづくめなのです!

生活習慣病予防、美白、美肌、ダイエット効果。

ダイエット効果は脂肪燃焼の向上から、内的要因のコレステロールまで幅広く、摂取エネルギーを抑制する類のものではないから、とても健康的。

これだけ書かれて、飲まないわけにはいかないでしょう。

ところで、このサイトによれば、血糖値と血圧の抑制にも効果があることが示されているが、これはリコピンが含まれていないトマト漿液による実験によるものとのこと。ここでは、リコピンではなく、トマトに含まれるクエン酸やアミノ酸が寄与しているとの記載になっていることに注意してください。

もしも、血糖値や血圧に対する効果を期待して、リコピンをサプリで摂ろうとしているのであれば、トマトそのものやトマトジュースに切り替えた方が効果があるということです。

それと、最近はトマトに含まれるGABAの効果として、いわゆる睡眠や心の安定への効果も期待されている。まだ有意な結果は出ていないと私は判断するが、これについても研究結果を待ちたい。

 

実感した効果

※以下に示す効果の条件について

当初の6ヶ月は朝晩200~300㏄以上(合計500㏄以上)飲むことにしていました。

現在はトマトの有効成分の体内へのローディングが完了したものとして、

朝起きたらコップ2杯飲むことにしています。量にして300cc程度。

あまりドラスティックには書かずに、淡々と列記します。

 

【すぐに実感したこと】

便通は2,3日で効果が出ます。

(最初の一週間は一日1本ペース(720㏄)で飲んでいたからかもしれませんが)

胃の調子も快調です。

もともとむくみはない方だけれど、歩き通しの翌日でも足は重くなかったかな。

【体重】

一番の動機は減量で、これを期待して始めましたが、最初の1カ月は何も変化はありません。

ところが、2か月目から4か月の3カ月の間に60キロ台後半→60キロ台半ばへ3㎏減(ちなみに、身長は170台半ばなので、普通体型です)

これはすごい!と思ったのですが、それ以降の2か月は体重の減少が止まりました。

体がトマトジュース習慣とバランスしてしまって、ここからは減らないのかもしれませんが、この時期は夏場のビール三昧のキャンプやBBQがあったから、むしろ効果が出ているのかとも思っています。

(追記)

上記から、時間をかけてさらにじわじわと減り、現在は60キロ代前半までで安定しています。お腹がへこむとそこで止まるようです。

数か月単位と時間はかかりますが、私の実感からは、内臓脂肪の低減に特に効果があるのではないかと思っています。

お腹はかなりスッキリ生活習慣病の予防にもなりますね。

なお、皮下脂肪については、減らし過ぎるのもよくないという考え方が現在の主流です。一方、内臓脂肪については、減らして悪いという考え方はどこにもありません。トマトジュースはやっぱり素晴らしい。

【肌】

もともと、それほど荒れてはいないのですが、トラブルは皆無。

日焼けしても回復が早いのは確実に言えると思います。

ただし、日焼けしたから飲むのではなく、普段から飲んでいると日焼けに対してのリカバリーが早い。ということだと思います。

シミなんて全くないですよ。

勿論、フルタイム血色もいいです。

(追記)

先日、一年飲み続けて初めての健康診断がありました。γGTPなどの肝機能および、コレステロール(LH比)も大幅に改善。

肝臓への素晴らしい効果があるから、それに直結する肌にもいいことは間違いなさそうです。

【その他】

髪にハリと艶が出てきます。間違いなく。

髪も肌みたいなものだから、やっぱり効果があるのかな。

もともと髪の毛が細目ではあるのですが、梅雨時でもペタッとなることもありませんでした。

3か月目くらいから実感できると思います。

【デメリット】

デメリットというほどでもないけれど、3か月目くらいから、足の裏が若干ですが、黄色っぽくなりました。

調べてみると、柑皮症といって、足の裏や手のひらなど、皮の厚い部分は新陳代謝で角質化して表皮が落ちるまでのサイクルが長いため皮膚が長く残り黄色くなるとのこと。

手タレ、足タレの職業の方は注意かもしれません。あまりそんな人はいないと思いますが。

【選定理由】継続的に飲むために銘柄選びに注意したこと。

ここで、トマトジュースの作業工程を見てみる。

またまたカゴメのサイトを引用させていただくが、

www.kagome.co.jp

濃縮還元タイプでない限りは、概ねトマトを洗浄、選別、破砕・搾汁、そして調合、充填、出荷の順を踏む。(なお、濃縮還元タイプは搾汁工程の後濃縮し、別の工場で薄めるなりして調合、出荷となる)

洗浄風景を見ても、ゴシゴシとしっかり洗っているようには見えないし、皮をむく工程もない。

さらに、トマトジュース用のトマトは総じてそれほど大きくなく、どちらかというと小ぶり。

ということは、普通に生のトマトを食べるよりも、単位体積当たりの皮の面積が広いということだから、果実の表面につく農薬の影響は結構あると思って間違いないと推察する。(そもそもそんなにたくさん生のトマトを食べることもないけれど)

これを、簡単なので式で表してみると、(トマトを球体と仮定するよ)

 球体の表面積:4・π・r2(2乗)

 球体の体積:4/3・π・r3(3乗)

 なので、表面積/体積=3/r

 π(パイ)は円周率、rは半径

すなわち、rが小さくなると、言い換えればトマトが小さくなると、単位体積当たりの表面積は大きくなるということになる。

また、海外の工場だとなおさら、大量のトマトをそんなに洗っていないとも推察できるし、濃縮還元だからそんなことはそもそも気にしていない可能性もある。

毎日摂取するものだから、農薬はすごく気になってしまった。

このあたりを踏まえ、私は国産と農薬管理をちゃんとうたっているカゴメ一択にすることにした。そんなに心配なら小さな有機農園のものにすればいいけれども、高いので。。

 

ほかの銘柄もいろいろ飲んでみた感想(評価にばらつきあり)

毎日、継続的につづけたのはカゴメの食塩無添加および食塩入りですが、他も試しに飲んでみたので、ご参考に。

それと、購入の際にはOKマートで箱買いしてました。カゴメトマトジュース720mlが1本税抜158円(税込み170円)って、かなり安い。

ちなみに、カリウムがしっかりと含まれているので、塩分は排出してくれる効果もあり、相当、塩分過多な生活をしていない限りは、塩分は気にする必要はないです。

塩分が入っている方が格段に飲みやすいといわれる方もおり、むしろ習慣づけするためには飲みやすいことから始めることが重要です。

 

 ちなみにトマトジュースは重いので、運んでもらえる通販が便利です。ただし、送料等がかかる場合もあるので、そのあたりも踏まえて利しましょう。

 

それではさっそく個別の感想。

【カゴメ】

 サラサラしているけれど、薄くもなく、トマト感もあり、一番バランスが取れたうまさがあると思います。というより、飲み続けているため、これが自分の標準になってしまいました。食塩がなくても結構おいしく飲めますが、食塩ありの方が甘みを感じられて飲みやすいと思います。

 1箱2500円前後(税込み)は買い。(バーゲン除けば)おそらく最安の価格帯。

ちなみに、最近、Amazonでは品切れの時が多い。Amazonだけでなく、楽天等、どこのサイトを見ても結構高めで送料を入れたら3000円(1本200円)でも安い方になっているときもある。(2017年は2月と5月が高かった)

 なお、ほかのメーカーの商品はほとんど900ml×12本だけれど、カゴメは720ml×15本なのでそのあたりは単純に1本単価で比較しない方がいいです。

カゴメ トマトジュース スマートPET 720ml×15本[機能性表示食品]

カゴメ トマトジュース スマートPET 720ml×15本[機能性表示食品]

 

 

カゴメ トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

カゴメ トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

 

 

 

ちょうど、毎年8~10月あたりはプレミアムが出荷されるのでおすすめ。

この時期を外すと、通販ではそれこそプレミアム価格になっているから注意です。

ちなみに、旬の今でも今年は1箱3500円くらいしています。

濃縮果汁還元ではなく、ストレートだからなんとなくサラサラとさらに飲みやすい。

ちょっとだけ高い。 

 

プレミアムの方も、少量の塩を添加している低塩の方が味はおすすめです。 

カゴメ トマトジュースプレミアム低塩 スマートPET(2017年新物) 720ml×15本
 

  

【伊藤園】

1)理想のトマト

 トマトケチャップのように、とにかく濃く、裏ごししていない感がある。ミネラルウォーターのコントレックスみたいに噛んで飲むみたいな感覚。

 意外と好きなんだけれど、もっと滑らかにした方がリコピンが吸収されやすいのでは?とか勝手に思っています。本当に感覚だけれど。

 料理用には最適かもしれません。

 箱買いしたことはないけれど、1本200円(税抜)ちょっとで買ってました。

伊藤園 理想のトマト 900g×12本

伊藤園 理想のトマト 900g×12本

 

 2)熟トマト

 想像していたほどの完熟感は無い。メリットは安いところ?

 なお、伊藤園はどれも産地は海外のようです。

 値段は安めです。1本150円台(税抜)だったと記憶。

伊藤園 熟トマト 900g×12本

伊藤園 熟トマト 900g×12本

 

 【デルモンテ】

 食塩添加、無添加どちらもおいしく、値段もそれほど高くないためガブガブ飲めていいのだけれど、安定した味を出すために国産と海外産をブレンドするとされていますが、味よりコストに配慮したバランスのようにも思えます。

 味はカゴメと大きくは変わりません。でも、何となくそのあたりが引っかかってます。1箱2000円切るときもあります。内容量は1本900mlなのでカゴメより多く、お得感はあるのかな。

デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース 900g×12本

デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース 900g×12本

 
デルモンテ トマトジュース 900g×12本

デルモンテ トマトジュース 900g×12本

 

桃太郎って、名前を聞くと濃厚で甘いイメージがありますが、そんな感じはしないな~。むしろサラサラで飲みやすい部類。でも、置いている店は少ない。ちょっと高めだけど210円切ったら安いと思います 。パッケージにもプレミア感がありますね。

デルモンテ 食塩無添加トマトジュース 桃太郎ブレンド 900g×12本

デルモンテ 食塩無添加トマトジュース 桃太郎ブレンド 900g×12本

 

 

【産地直送】

本当のトマトの味を楽しみたいのであれば、濃縮果汁還元でない産直トマトジュースがおすすめです!

濃縮果汁と直搾りの違いを分かるようになったらトマトジュースマイスター!

とまでは言いませんが、濃縮果汁還元でない場合は、濃さやこれといって味の調整も特にしていないので、トマト本来の味をジュースの形でサラサラ味わえます。

ジュースバーのフレッシュジュースの感覚ですね。

ちょうど今、今年の新鮮なところを味わえるけど、今年の8月の天候不順で数量限定とのこと。

産地は、長野県は安曇野です。

「2017信州・安曇野トマトジュース」今年できたて!

 

 

【番外編】

TOPVALUEのトマトジュース。

安いけれど、とにかく薄い。

リピートはしていません。

 

 

トマトジュースに関する記事へのリンク

いつ飲めばいいの?

関連記事:トマトジュースはいつ飲むのが効果的なのでしょう? - サラサラいこうね。

 

コレステロール(LDL、HDL、LH比)、中性脂肪にも効果あり!

健康診断で確認しました。

関連記事:トマトジュースを一年間飲み続けた時の中性脂肪とコレステロール(LH比)の改善効果について - サラサラいこうね。

 

トマトジュースに求める効果がダイエットであれば、中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪に複合的に効く、勝手に痩せる生活習慣を手に入れよう!

関連記事:運動量も食事も変えずに勝手に痩せる3つのコンボでダイエットもお手軽簡単に! - サラサラいこうね。

 

トマトが苦手でも飲めるかも!

関連記事:セロリソルトは中毒性があるのかもしれない - サラサラいこうね。

 

高リコピンなカゴメプレミアムレッド

関連記事:カゴメプレミアムレッドは高リコピンなトマトジュース。オリーブオイル添加で吸収率ブースト!ちょっと高いけどね。 - サラサラいこうね。

 

トマトジュースは重いから、通販の利用は便利。でも、よく確認してね! 

関連記事:トマトジュースが品薄だけれど、通販は気を付けて利用しようね。 - サラサラいこうね。

 

(最終更新2017年10月14日)

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。