サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

【海外旅行に必携】日本から持っていくべきスーパー調味料


海外出張にでも行くとそれなりに食の楽しみもあるが、
2~3日もたつと日本の味を心から欲する感を覚える。

このあたり、旅行のように行きたいところを選んで行く海外とは目的が違うのが明確に出るところでもある。

 

塩気が欲しい!

とくに塩気がほしくなる。
ただし、塩といってもただ単なる塩ならば、ソルトがいくらでもあるのだけれど、
なんというか、深い味わいのある塩気が欲しくなる。

岩塩じゃなくて、にがりの含まれるミネラル塩。

もちろん、日本でもそのまま塩を舐めたりしないけれど、

日本食は素材の味を引き立てるために塩をうまく使っている。

でも、海外だと、あまり素材の味は気にしていないようです。

 

やっぱり醤油

手軽な調味料として、可能であれば持っていくことをお勧めするのが、醤油
小さなパックになっているものが百均とかで売っているもので十分。

ボトルタイプのものは、持ち込みづらかったりするし、こぼれても嫌ですよね。

この醤油が実は、店で買ってきたパンでもクラッカーでも意外となんでも合う。
バターとの相性も抜群です。

また、食事の時に使ってもいい。
最近では朝食のビュッフェ等でも日本食が用意されていたりするため、
醤油もおいてある場合がある。
最近ではこのようなことまでガイドに書いてくれたりするのであるが、
これが落とし穴だったりする。
なぜならば、結構保存状態が悪いものが多く、とても口にはできないような代物で、水分が蒸発して濃くなったり、酸化しまくったレベルのものも多いので注意。
やっぱり、持っていくのが無難。
めんつゆに使うような、だししょうゆなんてのもあったら最高だけれど、
これは小さなパックは見たことがないのであきらめた。

 

インスタント味噌汁はどうだろう

それと。。
よく味噌汁等を持っていったほうがいいとか、そんな話を聞いたりする。
私も初めての海外の時は持っていったのですが、意外とお湯の調達に難儀する。
結局飲まずに持って帰る可能性もかなり高く
そこは気を付けた方がいいだろう。持って行ってもいいけれどあまり多くしないこと。
とはいうものの、出汁入りの味噌はそれだけでもそこそこおいしいけれどね。

 

ばらまき土産にもなるのがマヨネーズ

マヨネーズは海外のものは全くの別物。

キューピーマヨネーズのうまさは突き抜けてるって、気づくと思う。

食べ比べてもらいたい。

 

持って行くほどでもないけれど、現地の人にプレゼントすると意外と高評価ですよ。

 

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。