サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

外国は日本より水が硬いから、慣れるまで工夫しよう【硬水と軟水】


日本の水は軟水、外国は硬水が多い。

硬水って何?って思う人もいると思うけど、もしもスーツケースに隙間があったら、少しでも水のペットボトルを入れておくといいかもしれない。

帰りの土産物のことも考慮したら、それぐらいの重さと隙間はあると思う。

 

海外では必ずミネラルウォーター(ボトルウォーター)にお世話になるけれど、
これらは硬水がほとんどです。

日本の水は軟水ですよね。

しかも、この硬さがめちゃめちゃ硬い。スーパーハードな水なのだ。

といってもコントレックス程じゃないけれど。

水が硬くなると、炭酸入りの方が酸味や刺激が助けになり飲みやすくなるので、炭酸水も同じようにかつ、同程度の値段で店に置いている。

 

水の硬度って?

硬水は硬度が高い水である。

その硬度は、カルシウムイオン・マグネシウムイオンの量を炭酸カルシウム (CaCO3)に換算して算出する。
1リットルあたりの量(mg/l)であらわすもので、
硬水はだいたい180~200mg/l以上
軟水は50~60㎎/l以下
のものを指すのが一般的。

(ただしオーソライズされた定義は特にないので若干アバウト)

ちなみに、先ほど話に出てきたコントレックスはある程度の変動はあるものの、1000以上になります。
1000mg以上っていうと1リットルに1gは含まれているということ。
飲んだことあるけれど、飲むというより噛むという感じ。

このマグネシウムは腸で吸収されにくく、お腹の調子を悪くする原因となるので注意です。特に日本人にその傾向が強いんだと。

 

慣れるまでは結構しんどい人もいる。でも慣れる。

水はしばらく飲んでいれば、数日で体が慣れてくるのですが、それでも体調を崩す(お腹が緩くなる)人は結構多いようです。

だから、日本から数本持って行って、起床時、ふろ上がりなど、慣れるまでは国産のミネラルウォーターがありがたい。

比較的多めに飲みたいときには日本から持ってきたボトルウォーター。
日中の喉の渇きを潤すために少量ずつ飲む場合は現地のボトルウォーターなど、体が慣れるまで若干の工夫をするのもいい。

 

ただし、あまり本数を持ち込むと、液体なので検査で開けられる可能性もある。

変なものを積んでいないのに、スーツケースを開けられた形跡(荷物検査)があったことがあったけど、あれって、水が原因なんだろう。

 

水が合わないと結構しんどいから、正露丸も持っていくといいよ。

【第2類医薬品】セイロガン糖衣A 36錠

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。