サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

運動量も食事も変えずに勝手に痩せる3つのコンボでダイエットもお手軽簡単に!


このブログでもちょくちょく関連事項を書いているのだけれど、この半年で20代のころに維持していた成人になってからのベスト体重に戻ったようである。厳密には減り続けたのは3か月程度、その後2~3か月は完全に維持できているようだ。

表題の通り、習慣化さえしてしまえば、とても簡単な方法で勝手にぐんぐん痩せるので、書いておこうと思います。

ターゲットは内臓脂肪、中性脂肪、皮下脂肪です。特に内臓脂肪は、痩せているように見える人でも結構ついているので要注意です。

それでは皮下脂肪は?という話ですが、こちらは、やはり運動やカロリー制限しないと落ちにくいです。ところが、健康リスクを調べてみても、そんなに気にしなくてもいいので、足腰に影響が出てきていなければ、気にする必要もないと考えています。


意図的に何かスポーツを始めたわけでもなく、過酷なダイエット食を敢行したわけでもありません。それでも、体重計は嘘をつかないだろうし、スーツのサイズもYA体に戻りました。腹囲は10cmは小さくなったようで、うれしいどころか、スーツは買い直しである。

さらに、10年も前に穿くのを諦め、デッドストック(若干使っていたから正確には古着だけど)となっていたジーンズもすっぽりと入るようになった。

それに、見た目もさることながら、体が軽い。階段などを上っても息切れしにくくなったことを実感し、たまにジョギングなどをしても、半年前と比べてタイムが格段に速くなっている。脂肪という名の重りが取れたから当然ではありますが。

 

私自身、もともとそんなに太ってはいなかったが、それでもウェイトコントロールができると意外とうれしいものである。

具体的に数字を書くと、3カ月で9kgの減量。ちなみに、元々が100㎏ありました!とか言うなんちゃって話ではなく、60㎏台後半だったのが、ほぼ60㎏になったわけだから、1割強の減量。これくらい痩せれば誰でも効果を感じるだろう。

別の視点で、身長から換算するBMIは20弱。この指標の普通体重が18.5~25だから、痩せすぎもせず、ちょうどいい感じだと思っている。疫学的に一番病気が少ないのはBMIが22とされているから、逆にもっと太った方がいいとの考え方もありますが、それはまた別の話として。。

どれも、いつの間にか感が強いものであるが、かといって長期間を要するものでもない。方法も慣れればこんなに楽な方法はないという生活習慣改善型である。

 

と、その前に、減量前に最初に用意した方が絶対いいアイテム

ところで、まず痩せはじめる前に、体重計を買いましょう。0.5㎏刻みなんてアバウトなものではなく、100g、200g単位まで計れるものをおすすめします。理由は使っているとわかります。答えを言っちゃうと

  • コップ一杯の水を飲むだけなどのちょっとした条件でも数値が変わるから決まった時間、決まった条件下で図るようになる。
  • 少しの変化でもわかるから、効果が把握しやすく、何が悪かったかも検証しやすい。
  • 結果的に、体重計に乗るのが楽しくなる。

こうなればしめたものです。

 

実行したら勝手に痩せた3つのコンボ

この3つは確実に効果があると思われます。

私の場合で効果があった順に列記します。

 

【1】飲酒習慣の改善(断酒ではないよ!)→内臓脂肪対策

これは確実に体重が減ります。

特に内臓脂肪が減っているようです。

本当に劇的に効きます。減った分の7割はこのおかげだと思っています。

ポイントは完全断酒は難しく人によってはストレスがたまると思うので、飲みたければ外で飲み、家で飲まない。というだけでもいいと思います。

ビール好きなら炭酸の置換等で1週間乗り切れば、比較的楽に実行できると思います。

sarasara.hatenablog.jp

 

 

【2】毎日トマトジュースを飲む→中性脂肪対策

実は最初に試したのがこの方法。前にもブログで報告していますが、ここで減った後の続報として、血液検査をすると実感しますが血中脂肪の値(LDLコレステロール等)が格段に良くなることを追記しておきます。なお、カゴメトマトジュースのパッケージなどには、朝がおすすめと書いてあるものもあるけれど、それは美肌の話。今回のケースでの求める効き目(減量)を考えたら、就寝前に飲む方が効果があるかなと思っています。もちろん、朝晩飲むのが一番ですが。

sarasara.hatenablog.jp

 

 

【3】毎日コーヒーを飲む→皮下脂肪対策

コーヒーはほかの方法に比べて2カ月遅れで始めましたので、他に比べればまだ日が浅いのですが、だめ押し的にじわじわ効いています。プチ禁酒で減っていた体重が停滞気味になった後の一押しになっています。プチ禁酒で絞った腹回りが、さらにすっきりしたことを実感しており、皮下脂肪に効いていると考えています。コーヒーのカフェインがアドレナリンの分泌を促し、脂肪の分解を促進するなどの効果が発揮されているのでしょう。

なお、コーヒーはインスタントよりレギュラーがおすすめ。一日500~600㏄は飲んでいます。

sarasara.hatenablog.jp

 

おわりに

これらは習慣化してしまえば、なんの苦労もない方法なのでリバウンドをする心配もありません。つらくて三日坊主になりそうなダイエットに手を出すのであれば、こんなマイルドな方法も有用だと思います。

それと、この話をすると、酒をやめるのが大変なんじゃないかと言う方もいます。

そのような毎日のお酒がやめられない方は、

  1. いつもの習慣(ルーティン)で飲んでしまうケース
  2. 体の芯からアルコールを欲している(依存症)ケース

のどちらかに該当すると思いますが、自分がどちらなのか、わかっていない人が多いです。

比較的簡単に自力で改善できるのは前者だと思います。後者は状態にもよるけれど、自力で改善が難しい場合は、遅かれ早かれ治療の必要が出てくるでしょう。これを機に治すに越したことはないと思います。

また、前者も依存症に移行する前に、自力で改善しておいた方がいいですよね。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。