サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

真夏の甲子園で高校野球の何が悪い?


甲子園を悪者にしてはいけない。

甲子園球場は野球をやる子にとっては、1度は憧れる場所。

最近のいろいろな場所で、様々な立場の人の発言を見てびっくりしている。

甲子園でやることを、これを軍隊だと言う元知事がいたり、大阪ドームでやればいいっていう知識人や芸能人がいる。

そして、それが正義になっている。

呆れたのは、選手というよりそっちの方が応援する方も楽だとか言っているものもある。

でもそれはあくまでも、普段野球に無関心な大人の意見であって、球児たちはそうは思っていないのではないだろうか。

それに甲子園を目指すレベルの球児であれば、軍隊だなんて絶対思っていない。

そんなこと言っては、それを目指してやっている球児たちに失礼だよ。

 

甲子園は本当に聖地なんだ。

ラグビーやっていた人に聞いてみたいけれど、花園目指しているでしょ?

そういうとこなんじゃないかな。甲子園は。(まあ、向こうは真冬の大会ですが)

それと、もう一つ言うと甲子園に出ている選手を応援している人間も、甲子園が熱いからという理由で試合するようなとこじゃないとは決して思ってない。

そして、試合の相手もそう思ってる。

相手も暑い中しっかりやっている。

そういうようなところが甲子園なのであって 、正直なところ、そこでやることを否定する話はこれまで野球を見たことがない人間の意見なんだと思う。

 

そもそも、野球少年は小学校のころから、暑い中頑張っている。

中学も高校も野球の練習は炎天下の時も多い。

それに、地方予選だって、ドームでなんてやっていない。

そのあたりはちゃんと監督、コーチ、マネジャー、そして親たち、選手自身が管理をして適応しているのだ。

だから、プレーヤー側で暑いから甲子園で試合をすることがおかしいなんて、だれ一人思っていないと思う。

そうしてきているのに、アンダー18のアマチュア野球の頂点ともいえるトーナメントだけ、空調のきいたところでやるの?

外部の大人が涼しい中で見たいだけの話。正義ぶってはいけない。

 

耐えるのは時代遅れという意見もある。でも、日本人はそういう国民性もあって、まあもうこの際、美学とまでは言わないけれど、でもやっぱりこれまで脈々と先輩たちが頑張っていたところ、そこでは頑張っていきたいし、そこで実績を上げてみたい。

そういうようなところにモチベーションを保つのもいいんじゃないかなと思う。

そもそも野球をまともに球場で見たことがないような人間がごちゃごちゃ言う話でもないと思います。

 

ところで、もとをただせば、すべては気象変動のせいである。

甲子園のある生活をしている人もいるわけで、野球をする場所ではないとか言うべきではないし、それなら矛先は、二酸化炭素を出しまくっている代わりに、私たちの便利な生活を作っている産業界に文句をいえばいい。

甲子園は悪くない。

甲子園で高校野球を観たい。

今年は第100回大会。楽しみだ。

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。