サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

0時を過ぎたらコカ・コーラ - 二日酔いの予防にはコーラが効く。


ビールとワールドカップ

このところのワールドカップのおかげで、寝不足とビールの飲み過ぎにより慢性的な二日酔いとなる懸念があったので、少し置き換えをしてみたって話。

各国のワールドカップにかかわるニュースを見れば、どこの国でもワールドカップの観戦にビールがつきもののようだ。

 

さてここで、仕事あるんなら寝ろよ。って話ではあるが、やっぱり4年に一回となると愛国の血が騒ぐ。時間の使い方は深夜残業と同じようなものだ。遅いときはとことん遅い時もある。

ちなみに私は、熱狂的なサッカーファンというわけでもない。むしろ野球派である。あくまでもサッカー観戦はスポーツ観戦という大きな趣味のカテゴリーの一部であり、天皇杯も高校サッカーも決勝ぐらいしか興味はない

そんな話をすれば、当然のことながら、(意地悪な)サッカーファンからは、にわかと言われる。

そんなことは百も承知。

でも、だいたい、オリンピックだってそうでしょ?

普段から陸上や水泳を観てますか?って話だ。

 

ちなみにちゃんと予備知識は勉強してから観ることにしています。

そうしておかないとまったく面白くない。

 

 

ところで、ワールドカップといえばコカコーラ社が綾瀬はるかを起用して大々的にCM をしていましたよね。

ナンバーチャレンジ等のキャンペーンもしている。

 

0時を過ぎたらコカ・コーラ 

午前0時を過ぎた試合にもなると、翌日の仕事のことも考えれば、ビールばかりを飲んでいることもできず、コカコーラに切り替えてみた。
f:id:nmory:20180713160943j:image

すると、夜中の3時くらいまで観戦して寝て、そして朝7時に起きるという生活が続いていましたが、意外とすんなり起きれたりして頭もぼーっとしていないわけです。

普通に考えれば21時から日付を回った23時ぐらいまで、薄いといえどもビールをひたすら飲みながらサッカーを見ていて一試合目が終わる。さらにそこから一息ついて、また日付を回ったぐらいから観戦のおともにビールというのは絶対によくない。これをやると、翌日は結構残る。

そこで、0時過ぎたらコカ・コーラ

そうすると、翌日起きるのがだいぶ楽になる。

ビールによるアルコール摂取量がコカ・コーラに置き換えられることによりオフになることもありますが、コカコーラに含まれるカフェインの効果や、それ以上にコカコーラに含まれているブドウ糖等の糖分が、アルコールの分解に働いてくれているのだと思います。(ちなみに、昔はブドウ糖果糖液糖って表記が多かったけれど、最近は果糖の割合が増えた果糖ブドウ糖液糖が主流ですね。飲み過ぎには注意です)

それと、胃にダメージを与えない程度の程よいpHの炭酸であることもグッド。

水ばかり飲むと胃液が薄まって、逆に調子が悪くなることがあるからだ。

これはいい発見でした。

 

最近ではサッカーがなくても晩酌の〆にはコカコーラ。

これが定番になっています。

ぜひお試しください。

しかし、コカコーラだからといって、

そこにウイスキーやら甲類焼酎を加えて

コークハイにしたくなるけれど、

ダメ、絶対

 

それと、寝る前の歯磨きも忘れずに。

炭酸による口中pHの低下と糖の組み合わせは、虫歯の大きな要因になりますので。

ここは注意してね!

 

【関連記事】

やっぱりコーラは甘すぎる。

禁酒の味方!ビールっぽいじゃイヤ。おすすめのノンアルコールビールを並べました。 - サラサラいこうね。

 

いっそのこと、プチ禁酒をためしてみる?

【プチ禁酒のススメ】痩せるし、鼻も通るし、脳がだまされていたことも実感できる。 - サラサラいこうね。

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。