サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

セブンイレブンのホットビスケットが美味しいけれど、ケンタのそれとの壁は高い


セブンイレブンの温めてふんわり食感ホットビスケット。

最近よく買ってしまう冷凍食品です。

蒙古タンメン中本の汁なし麻辛麺目当てでセブンに入るも売り切れていて、全く逆のアプローチから味覚、嗅覚を刺激するこれを買ってしまったのがきっかけでした。

本体278円で税込300円とまあまあ高いです。


f:id:nmory:20180726174008j:image

 

中身ですが、一つ一つ分けてトレーに収められています。

って言っても、たったの2個入りではありますが。


f:id:nmory:20180726175759j:image

シロップも小袋が2つついています。

これは、分けてくれているのでうれしい。

ただし、メイプルシロップ感はそれほど期待しないこと。

メイプルシロップにしたら、さらに原価が高くなりますから。

 

これをレンジでトレーごと40秒 。

標準仕様は、これで出来上がりなのですが、もう一工程加えます。

さらにレンジのあとに温めていたオーブントースターで1分くらい。

その間、手の中でシロップの小袋をあたためて溶かします。


f:id:nmory:20180726174040j:image

こうやって、オーブントースターでひと手間加えると表面がサックリして、さらにおいしくなる。

シロップとの相性は抜群です。

 

ところで、ビスケットとは主原料が小麦粉の洋菓子であれば、ビスケットと呼んでいいとのこと。

でも、サクサクというか、むしろカリカリした食感が私がこれまで食べてきたビスケットである。

そこで出たのがケンタッキーフライドチキンのビスケット。

最初は上記のような感覚から、この名称に違和感を感じていたが、そもそもアメリカではスコーンのような食べ物はパンというよりビスケットと呼んでいるようなので、そっちに近いものと思われる。

ケンタッキーのビスケットには、

サックリ感も

バターの濃厚感も

シロップのメイプル感も

全く敵わないけれど、これは、これで、コンビニ冷凍食品としては完成度高いです。

それにケンタの方は1つ220円しますからね。

見かけたら、試してみるのもいいと思います。

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。