サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

ドイツで美味しい街歩き。ホットドッグとビールは相性抜群。カリーヴルストも。


旅行で海外に行ったらやっぱり、まずはおいしいものを食べたいと思ってしまうところ。

せっかくドイツには来たのだからおいしいものを食べよう!

でも、日本食が大好きな方は、ドイツにはあまりおいしいものを期待しない方がいい。(かもしれません

おかしな話、地元で働く人に聞くと、外出中は「腹が鳴るから物を入れる」程度の食の認識のドイツ人は結構いるらしい。

さすが、すべてにおいて最適化のドイツ人。

 

とはいえ、街を歩くとお腹が空いてしまうので、気分は食べ歩きモードになりますね。

 

アムマインからレーマー広場まで行き、そこでブラブラ歩いていると、フランクフルトで一番おいしいものを見つけられます!

ビールだけでなく、ホットドッグも!

ホットドッグのソーセージはちょっと変わっていて、ビーフとポークを選べます。

ビーフソーセージ?

どちらかというとポークの方がおすすめ。でも、ビーフのソーセージもあまり食べる機会がないので、両方食べてもいいかも。

価格の方は、ビールとセットで6.9ユーロ

割高感は否めません。

(ちなみにビールだけなら2ユーロくらいで、これはかなり安い)

f:id:nmory:20150412113504j:plain

晴れの日にレーマー広場でビールを飲みながらホットドッグにかぶりつくのは、気分爽快です!

 

カリーブルストcurrywurst)も日本人好みの味だと思う。

ソーセージがそのままであったり、切ってあったり、大きさもまちまちで、料理の体裁は各店まちまちであるが、端的に説明すれば、カレーフレーバーのソースがかかったソーセージだ。

だいたい一皿6~10ユーロといったところだろうか。

カレーの味も日本人がイメージする親しみのあるタイプのカレー(ただし、若干ジャンク寄り)

 

下のは小さく見えるが直径3~4㎝位のソーセージだから結構なボリュームはある。

二人で一皿ぐらいで十分かもしれない。

ちなみに、ほぼ100%ポテトがつくのはドイツらしいところ。

チーズソースなんかがあってもいいのだが、そんな気の利いたものはない。

おいしいけれど、大体途中で飽きる。

f:id:nmory:20150412122515j:plain

 

ドイツにきたら、ビールもいいけど、アプフェルヴァイン(Apfelwein)も飲んでみるといい。というより、むしろ超おすすめ。

読んで字のごとくリンゴのワインであるが、日本で言うところの焼酎のようなものだろうか。

アプフェルヴァインはそのままでも、もちろんいけるが、炭酸割りはフランクフルトではとてもポピュラーだ。

日本で飲むシードルほど甘くはないから、食事中にもごくごく飲める。

割ったものと割らないもの、どちらもお試しいただきたいところ。

f:id:nmory:20150412113558j:plain

 

 

次回はレストランで食べたものをつらつら書きます。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。