サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

日清推し麺!麺屋一燈(いっとう)。家で手軽にこの味が食べられるのはうれしい。


日清推し麺の麺屋一燈の濃厚魚介ラーメン鶏白湯仕立て

この商品、冷凍麺ですが侮れません。

鶏と魚介の濃厚なスープがいいですね。


f:id:nmory:20180501123545j:image

結論から言って、これはうまいです。

自宅で出せる味ではないと思っていたけれど、それが実現してしまう。

日清すごい。

 

推し麺シリーズでは、無鉄砲も再現性が高いなと思ったのですが、こちらも完成度が高い。というか、一燈は店舗で食べたことがないので、再現性はよくわからないのですが、なんかそんな感じがする。

推し麺シリーズはトロミあんがポイントなのでしょうね。

こちらもついています。


f:id:nmory:20180501123851j:image

同様に麺は電子レンジで加熱します。

600Wで4分半。

その間にお湯を沸かして、どんぶりとスープの袋を温め、スープの袋をとにかく揉む。

そして、一滴残らず、スープをどんぶりにあけ、お湯で溶かす。

スープを溶かすお湯は250mlとなっていて、無鉄砲より、30ml多め。

いいですか、スープを溶かすお湯の量は絶対に守った方がいいです


f:id:nmory:20180501123910j:image

そんなにおいしそうに見えないのは、私の盛り付けと写真の技術のせいです。

せっかくの好商品なのにすみません。

ま、でも家で作る冷凍めんに見た目は求めちゃいかんよね。

 

でも、味はかなりいい線行きます。

食べてみると、家で食べる冷凍麺という言い訳は、見た目だけだと気付かされます。

 

味はかなり本格的な麺屋の体をなしています。

麺も適度なコシがあって、スープをしっかりとまとわせてくる。

鶏といっても、これは鶏白湯。よくある醤油ラーメンの鶏ガラスープではありません。

口に含めば、鶏白湯の濃厚な博多の水炊きのようなトロっとしたスープをベースに、魚介の旨味と香りがうまくマッチして、満足のいく仕上がりです。

 

具材は、チャーシューと、メンマと青ネギがついています。

チャーシューは、一枚。

厚みはあるけれど、ま、これはそんなに期待はせずに。これは、チャーシュー麺ではないですし。

メンマと青ネギは、無鉄砲と同様に少量入っています。あるだけましという程度ですね。

ただし、具については、悪く言うつもりは毛頭なく、あくまでも、麺とスープを楽しむべき商品だと思っています。具は自分で追加できますから。

 

しかしながら、無鉄砲もそうですが、これが300円程度で食べられるのは、かなりうれしいところではあります。

 

ちなみに、無鉄砲と一燈、どちらがおすすめかといえば、その時の気分としか言えません。それぐらい、どちらも完成度高い。すげー日清。

 

(関連記事)文中に出ていた無鉄砲の記事です。 

www.sarasara.net

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。