サラサラいこうね

― 心と体のメンテナンスでサラサラ生活 ―

スガキヤの辛辛魚に納豆をトッピングすると辛みと魚粉で別次元のうまさになる。


とてもとても辛い、石神井の名店、麺処井の庄監修の人気のカップラーメン。

寿がきやの辛辛魚。

毎年、味がバージョンアップされています。

激辛なんだけれど、ただ辛いだけではない。

癖になるんですよね。

実売価格はスーパーだと200円位、通販では240円位です。

スーパーには通年では置いていないので、見つけたら買ってしまいます。


f:id:nmory:20190602175440j:image

 

カップを開けると先入れの具入りのスープのもと。

そして、後入れの液体スープと粉末スープ。

そう、パッケージの写真にもある、この真っ赤ないかにも辛そうな山の正体は、トッピングという位置づけでなく、スープなのです。


f:id:nmory:20190602175452j:image

 

麺は結構太め。

この太い麺がちょうどいい。

太い麺でなければスープに完全に負けてしまいます。

せっかく、全粒粉入り太麺と、麺にもこだわっているのですから。 
f:id:nmory:20190602175509j:image

 

先入れのスープのもとにかやくが入っていますが、この通りネギだけです。

でもこれで十分なんです。

余計なチャーシューとか要りません。

辛辛魚のスープと麺を存分に堪能できればそれでいいのです。
f:id:nmory:20190602175523j:image

 

スープの素だけでは、この程度のスープの色合い。

この段階でもそこそこ辛いです。

それでも見た目は全然、大したことなさそうですよね。
f:id:nmory:20190602175537j:image

 

液体スープを入れて仕上げるとこんな感じになります。

これはもう見るからにという感じで、見ているだけでも汗が出てきそうな激辛の風貌。

東大の赤門ラーメンを彷彿させます。

この山になった後入れの辛辛魚粉は後入れ粉末スープなので、スープにしっかりと溶け込ませて食べるのですが、やっぱりバサッと一か所に山盛りにしてしまう。

とても辛いのですが魚の香りもしっかりと感じられて、素晴らしくいいです。

とても深みのある味わいが感じられます。

本当にただ辛いだけではないのです。

旨辛という言葉を普通に使っているけれど、これは激辛旨。

激辛でもちゃんとうまい食べ物って、実は意外と少ないよね。
f:id:nmory:20190602175557j:image

 

このラーメン。

このまま食べるのもいいのですが、

納豆をのせてみてください。

辛みと納豆はベストマッチな組み合わせでありますが、

さらに、この魚粉と納豆もグッドな組み合わせ。

ホントにコクのある辛さと旨さが味わえます。

カップ麺のトッピングでは、蒙古タンメンやペヤングへの納豆トッピングが有名ですが、これはそれをはるかに凌駕するうまさになります。

 

ただ、あまりきれいな絵ではないので写真はやめておきます。

納豆が好きなら、是非試してみてください。

 

ちなみにこの会わせ技。

カプサイシンで発汗して皮膚をデトックス。

血行促進したところで、ナットウキナーゼで、血液をさらさらにするという効果も期待でき、意外と健康的でもあります。

 

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん 136g×12個入

寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん 136g×12個入

 

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。