サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

コーヒー豆の調達は通販もおすすめです。


コーヒー豆を挽くところからコーヒーを楽しむことを始めて2か月目。

カルディばかりに頼っていたのだけれど、これがまた、結構値が張ったりする。豆もあまり膨らまないし。

 

コーヒー豆の目安として、概ね1杯10gとは言われるが、それはちゃんとしたコーヒーカップに控えめに注ぐ量の話。

ちゃんとしたカップ。たとえばミントンのカップ等だが、たしかに口当たりの部分が薄く上品で、コーヒーもおいしく味わうことができるけれど、割れたら嫌だから普段使いはちょっとできない。そのため、このコーヒーカップは休みの日ないし客人用にしている。

 

それゆえに、普段、使っている底の深いマグカップで飲むことが多いのだが、標準の1.5倍は入る。

また、自分一人でその1杯分だけとはいかないから毎回30g程度は挽いてコーヒーを落とす。

すると、200gで800円の豆だとすれば、飲むたびに毎回120円はかかる計算だ。

それが一日数回となると結構いい出費になる。

 

趣味になるかと始めた珈琲ではあるが、もはや生活の一部となっており、持続させるのであれば、若干のコスパも考えなければならない。

 

そんなことを考えていたところで、ネットでいろいろ見ていると、通販のコーヒー豆が結構安い価格で提示されている。

ピンからキリまであるが、普段飲み程度の品質であれば、100gで4~500円の豆だ。

やっぱりちょっと高い。

ところが

1kgなら2000円程度となり、

さらに、

2kgになるともっとg単価が安くなる。

キャンペーンが重なるともっと安くなる。

こんな相場構成らしい。

 

物は試しにと無難に加藤珈琲というショップで頼んでみました。

もちろん、あまり大量に買ったところで、数週間後には香りが抜けた苦い汁となっても嫌なので、コーヒー豆の状態で冷凍しておけば1カ月程度はおいしく消費できる量として1kgにしてみた。(参考までに、豆ではなく挽いた状態の場合は2週間ぐらいが限界でしょうか)

 

深夜のネット注文から2日くらいで到着しました。

実質、中1日と届くのがやたらと早かったので、在庫処分?と心配になったりもしたが、そんな心配は一掃されることになる。さっそく袋を開けてみると、これが結構、いい香りなのだ。

ずっとミルでガリガリ、カリカリ挽いていたい感にとらわれます。

さらに、挽き終わって、その粉をドリップしてみると、膨らむ膨らむ。

本当に焙煎して間もないのでしょう。

とても新鮮なことがうかがえました。

たまたま当たりのロットだったのかもしれませんが、これが普通の品質ならば、通販恐るべし。

また使ってみます。

 

それと、今度は街のロースターにも足を運んでみようかな。

 

やっぱり一度は飲んでみたいゲイシャ!

www.sarasara.net

 これもおすすめ。

www.sarasara.net

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。