サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

ほっともっとの十和田バラ焼き重がなんだか物足りないのでいろいろ加えてみた。


昼飯をゆっくり作る時間がなかったので、ほっともっとに寄った。

ゆっくりと食べる時間もなさそうだったので、いつもののり弁やから揚げ弁ではなく、かきこみ系の弁当にしようと思う。ところが、食べたことがないものばかりでここで選ぶのに時間をかけてももったいないので、のぼりが立っていたという理由だけのとりあえず感覚で十和田バラ焼き重をオーダーしてみました。

家に戻って蓋を開けてみると、(もっとも蓋は透明なので中味は見えているんですけれど。。)見た目は結構うまそうだったりします。

f:id:nmory:20170604022131j:plain

ただし、HottoMottoの公式ページやポスター写真の玉ねぎや牛バラの飴色の様なテカり具合はちょっと盛り過ぎではあります。実際の見た目はこれよりだいぶマイルドですね。

十和田バラ焼き重|ご当地弁当|ほっともっと

 

しかしながら、のっているバラ焼きは玉ねぎもしっかり入っているし、肉も多く全体に景気よくかぶさっている。箸休めは高菜的なお新香が若干量。

なお、にんにくは控えめです。オフィス等で食べることも想定したのでしょうか。

 

さっそく食べてみると。。

 

なんかものたりない。

 

見た目ですごく期待したんだけれど、なんかこう、味がぼんやりしているんですよね。。

強烈なかき込むための加速度が生じないのです。

そこで、なんとか際立たせるため、フィーチャリングできる具材はないものかと思い、とりあえず丼もののちょい足しに困ったときは玉子だろうと、安直に生玉子をトッピング。

 

f:id:nmory:20170604022329j:plain

 

裏目りました。。

というより、この失敗で物足りない原因がわかりました。

塩気が薄く、まろやかすぎるために味がぼやけてしまうのだと思います。

このまろやかなバラ焼きに、まろやかさを促進する玉子を落としちゃったものだから、まろやかになりすぎてしまいました。

こういう時は、

七味唐辛子をふって補正。

さらに醤油を垂らして再補正。

そうすると、だいぶ味が回復します。

結果的に卵を入れずに、唐辛子と醤油数滴がベストのようです。唐辛子とか小袋をもらうといいかも。

 

実際の十和田バラ焼きは甘辛のたれを豪快に焼くから、砂糖がいい感じに焦げて香ばしさもあるのだけれど、これは煮込んでいるような仕上げ方なので、これも物足りなさの要因なのでしょうか。

いずれにしても、もっとパンチを効かせてくれたほうが、個人的には好みです、甘いだけだとやっぱり飽きてしまう。

さらに、バラ焼き重の形式をとると、ずっと同じ味になってしまうので、バラ焼き弁当の形を取った方が、飽きが来ないのでいいかななどとも思いました。

そうだ、のり牛の肉にもっと近づければいいのに。

 

www.sarasara.net

冒頭、時間がないと言いながら、結局いろいろ試して時間を費やしてしまったわけで。。

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。