サラサラいこうね

― 心と体のメンテナンスでサラサラ生活 ―

虔脩ホリ六神丸と救心の違いを比較しました。


虔脩ホリ六神丸とは?

六神丸は古来から伝わる民間薬として使われてきたもので、いろいろな製品があります。

その中で、この虔脩ホリ六神丸は救心製薬の製品なのです。

ケンシュウホリロクシンガンと読みます。

そして、救心(救心丹)の前身でもあります。

 

救心の元となったとあれば、とても気になりますので、使ってみました。

なぜならば、救心よりかなり安いのです。

救心はその主成分である蟾酥(センソ)を目当てに買われる方が多いと思いますが、その配合量で比較するとかなり安い。

救心の廉価版となりうるのでしょうか。

一度、試してみる価値がありますよね。

 

今回購入したのは110粒入りです。

さすが、安心のブリスターパック。

救心製薬は信用できます。

しかしながら、救心は箱にも封印のシールが貼られていましたが、こちらはそれはありません。救心の方が若干高級仕様なのでしょうか。
f:id:nmory:20190424221835j:image

 

救心とホリ六神丸の成分比較

ここで、成分の比較をします。

左側がホリ六神丸。()は救心です。

1日量 9粒(6粒) 


○蟾酥 5mg(5mg)

ヒキガエルの表皮腺の分泌物を精製した漢方。心筋に働いて拍動を強くします。


○牛黄 2mg(4mg)

牛の胆のう中にごくまれに発見される褐色の小球塊で、抹消循環を改善し血を送りやすくする。


○麝香 1mg(ー)

麝香鹿の腺分泌物で、呼吸機能を高め、強心効果がある。

 

○人参 5.5mg(25mg)

薬用人参の根を乾燥したもので、強壮作用により気力を高める。

 

○沈香 2mg(3mg)

香り高い沈丁花。ジンチョウゲ科の樹脂。沈香があり、気を鎮める作用がある。


○動物胆 3mg(8mg)

豚の胆汁。消化器の働きをよくし、他の成分の吸収を助けます。

 

○鹿茸末(ロクジョウマツ) ー (5mg)
強壮作用により気力を高める。

 

○羚羊角末(レイヨウカク) ー(6mg)
鎮静作用によりストレスなどからくる神経の緊張を和らげる。

 

○真珠 ー(7.5mg)
真珠って、飲めるの?と思うけれど、鎮静作用によりストレスなどからくる神経の緊張を和らげる。

 

○龍脳 ー(2.7mg)
「龍」って聞くと、ますます怪しいけれど、龍脳樹という木からしみ出した樹脂で、実際にある物質。気力や意識の減退を回復させる。

 

これらの中で、蟾酥(センソ)の量は同じですが、滋養強壮剤でお馴染みの人参の量はかなり異なります。

また、鎮静効果があるといわれる成分は沈香のみで、ストレスに効くといわれるその他の強力な成分である羚羊角末、真珠、龍脳は救心だけの配合。

この差が値段の違いなのでしょうか。

とはいえ、やはり真珠や龍脳は本当に効くのかは疑問なところではあったりする。

 

完全に循環器に特化した配合がこの六神丸。

動悸や気付けだけならこれだけでもいいとも思うが、というより、センソだけで十分なような気はするが、効果のほどに興味津々です。

 

中身の比較

まずは救心と大きさの比較です。

この通り救心の30粒入りとほぼ同じサイズ。

というより、容器は全く同じ。

ここに110粒入っているのです。
f:id:nmory:20190424221859j:image

そうなると、丸薬の大きさが気になりますよね。

 

なんと!

救心よりこんなに小さい。

救心が地球の大きさとすると、六神丸は水星ぐらいでしょうか。

いや、月の大きさぐらいかもしれません。

f:id:nmory:20190424221916j:image

この丸薬の小ささは取り扱いの点でとても気になるところです。

ここで、救心の容器の工夫に気づかされました。

この容器の頭の絞った部分。六神丸にはないのです。

六神丸は小さいから、取り出そうとするとバサッと出てきます。

さらに、小さいので手の湿気でもくっつきやすい。

初めて救心を手にした時は、逆に取り出しにくいなと思ったものだけれど、1つづつ出てくれる方がありがたいと実感。

 

ちなみに、この絞る部分は取り外せるので、救心の30粒入りを買ったことがあれば、六神丸110粒の小瓶にもジャストフィットしますので、おすすめです。


f:id:nmory:20190424221928j:image

 

服用感の比較

肝心な使用感についてです。

3粒取るのは、慣れるまで結構手こずるかも。

そして、口に入れたらすぐに飲みましょう。

すぐピリピリしてきます。

飲み物を用意してから薬を取り出した方が無難です。

 

効果ですが、就寝前に摂取する場合は、動悸、息切れ、気付けについては救心とほとんど効き目は変わりません。

救心が効く人には、すごくおすすめです。

4粒出してしまい、1粒戻すのが大変なのでそのまま4粒飲んでしまった時もありましたが、特に問題はなかったです。

でも、適量を取り出しにくいので、やっぱり自宅用ですね。

 

最後に気になったのは110粒という内容量。1日量の9で割れない。1回量の3でも割りきれない。

この2粒は崎陽軒のシウマイ弁当のシウマイのようにサービスなのだろうか。

それとも、また買いましょうということなのでしょうか。

センソは劇薬にもなりうるから飲み過ぎてはいけないようだが、2粒でも効くということなのだろうか。

どうでもいい疑問が湧いているのは私だけではないはずです。

 

【第2類医薬品】虔脩ホリ六神丸 110粒

【第2類医薬品】虔脩ホリ六神丸 110粒

 

 

救心の記事は以下を参考に。

 

www.sarasara.net

 

 最初に飲んでみたのは救心錠剤でした。

 

www.sarasara.net

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。