サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラ乗り切れ! ―

お酒やストレスで疲れた肝臓にマリアアザミ(シリマリン)がちゃんと効く!


肝臓サプリの元祖シリマリン

これから、忘年会、新年会のシーズンですね。

こんな時期におすすめの肝臓いたわりサプリがあります。

シリマリンと呼ばれるもので、マリアアザミ(ミルクシスル)の種子に含まれる成分が、肝臓にとてもいい効果があるとのこと。

具体的にいうと、肝細胞分裂の促進に寄与するものであり、昔から欧米では肝臓やそれに直結する肌をいたわるサプリメントとして広く活用されています。

日本ではなじみがないのは、マリアアザミは地中海沿岸が原産地であることと、種子を薬草として使うことがあまりなかったからかもしれません。種子はどちらかというと食べるものの方が多いですね。

肝臓の調子が悪くなると、体内に吸収されたさまざまな毒素を分解や代謝しにくくなるので、肌の荒れや全身の疲れや倦怠感が出てきます。シルマリンはこれらを改善していく効果があることや、その機序も肝臓を直接元気にしていくことから、必然的に、二日酔い対策にもつながっていきます。

さらに、これは化学的に生成された医薬品ではなく、ハーブや漢方の領域のサプリメントでもあることから、副作用もほとんどありません。

この効果は現代医療においても活用されていて、肝臓に負担がかかる薬品との併用もあるし、初期の肝硬変や肝炎などにも処方されることがあるとのことです。

 

実際に飲んでみました。

海外仕様のカプレットなのか、少し大きめ。

カロナールと比較。

キヨーレオピンほどは大きくないけれど。
f:id:nmory:20181207005431j:image

商品名はネーチャーメイドではなく、ネイチャーズリソース。

原産国はアメリカ。

でも輸入者はネイチャーメイドの大塚製薬。

ん?どっち?

まあ、それはいいか。

輸入製品でも、ちゃんとシールしてあるので安心です。

f:id:nmory:20181207005642j:image

 

体感した効果

漢方やハーブは、基本的には穏やかな効果発現ではありますが、中にはセンソやジキタリスのように、劇的に効果が現れるものもあります。これはどうなのでしょうか?と期待してしまいますが、以下のことが体感できました。個人差あるのかな?

 

・悪酔いしない、酔いざめが早い(1日目から)

最近、飲みの機会が続いていて、それなりの量を飲むこともありました。単純に酔いざめが早かったというのは、感覚的な話で、もしかしたら、プラシーボ効果もあるのかもしれませんので、まだ判断は尚早です。
ただ、飲みすぎると粘膜が拡張し、鼻がつまったり、気管支ぜんそくのような症状が出て、夜中に目が覚めることが多いのですが、不思議とその症状が薄らいでいると感じました。アルコールの分解が早まったからだと勝手に思っています。

 

・翌日の寝起きが結構ラク(3日目から)

これは疲れが取れているのか、よく寝た感が結構強く感じられるのです。アルコールを摂取しないとき等は特にそうです。意外と疲れていたのかもしれません。

 

・倦怠感が後退。(1週間後ぐらいから)

これも、睡眠の質が良くなったからなのかもしれませんが、だるさと肩こりが解消されてきました。肩こり解消ということで、血行をよくする効果があるのかもしれません。また、肌の状態もかなりいいです。肝臓の状態は肌に直結するとも言われるから、肝臓の状態が改善されているのかもしれませんね。

それと、まだ、健康診断はまだ先ですが、血液の状態も見てみたいですね。これが改善されていれば本物です。


期待される効果、効能を見ると、Lシステインを主成分とするハイチオールCと同等の効果かと思いましたが、全く異なるようです。

ハイチオールCの方はLシステインという、いわゆるアミノ酸なので、肝細胞が分裂するために必要な栄養素を補給してあげているのに対し、こちらは、細胞分裂を促す効果があるので、弱った細胞をも改善に向けてくれるということのようです。

 

 

大塚製薬 ネイチャーズリソース マリアアザミ 60粒

大塚製薬 ネイチャーズリソース マリアアザミ 60粒

 

 

 コスパ重視ならこちらも

ミルクシスル・アドバンテージ 525mg 60ベジカプセル (海外直送品)

ミルクシスル・アドバンテージ 525mg 60ベジカプセル (海外直送品)

 

 

 

当ブログの記事および写真等の無断転用はお控えください。