サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

ANAのチケットでJALにも乗れる。裏書き(航空会社の変更)が意外と便利


地方空港で待ちぼうけはしたくない

ANAで往復運賃(片道運賃)の航空券を購入したのだけれど、早く到着してしまったから、もうひとつ前のJAL便に変更したいということありませんか?

ANAとJALが交互に運航している便数の少ない地方の空港等でよくあると思います。

 

この他の航空会社への振り替え変更が意外と簡単にできたので書いておきます。

知らなかったのって私だけ??

 

エンドースメントや裏書きと呼ばれる航空会社の変更があります。

 

航空会社の変更はちょっと足を使う

方法はいたって簡単。

以下、ANAからJALに変えたい場合の流れなので、JALからANAならその逆です。

 

ANAのチェックインカウンター(搭乗手続き窓口)に行き、航空会社を変更したい旨伝える。

変更用のチケットを発券してもらう。

それをJALのチェックインカウンターに持っていく

乗りたい便に空き(当然なことですが)があれば変更したチケットを発券してもらえる。

これだけです。

 

基本的には、どの空港間でもできるようですが、

窓口間を移動しなければならないので、

羽田空港や福岡空港等の大空港では窓口が離れているのでかなり大変です。

羽田なんて連絡通路を何百メートルも歩かなければならないし。

 


でも地方空港などでは、チェックインカウンターがほとんど隣同士のようになっているので、比較的楽だと思います。

 

この程度のことであるならば、ネットでできればいいのでしょうが、両航空会社のシステムを連動させるのは結構大変であるし、需要もそれほど多くはないので、対応させる必要性は乏しいのでしょう。

ちなみに、旅行代理店にチケットを取ってもらうときに、行きと帰りで航空会社が異なる場合があるようですが、この仕組みを使っているようです。事前にわかって往復割引を利かせたい場合はそちらもありかも。

 

航空会社間の連帯運送契約を締結していることが条件なので、ANAグループとJALグループ間での取り扱いですが、この二つで国内はほぼ網羅しています。

 

使える航空券は?

使える航空券は同一料金となる変更可能なものです。
往復運賃、片道運賃が該当しますが、ビジネスきっぷは変更可能な運賃ではあるものの、条件が異なるため適用外のようです。

 

請求はどうなるの?

カード等で買った場合の請求は最初に航空券を買った航空会社からとなります。

となると、ANAカードで買った場合にマイルがつく
ANAカードマイルプラスはそのままつくのでしょうか?。

確認次第追記します。

 

マイルはどうなるの?

マイルがどうなるのか気になりますよね。

請求は乗らない側の航空会社からになりますが、各々の乗った航空会社で加算されます。
当然ですね。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。