サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

セブンイレブンの炭火焼牛たん丼(麦飯)はヘルシーで炭火焼感もあるよ。


仙台に行く用事があれば、必ず利久に寄る牛たん好きな私。

いいお値段はするが、牛たん定食はやめられない。

 

つい先日、お昼にセブンイレブンの弁当コーナーを物色していたら、

炭火焼牛たん弁当なるものを発見してしまった。

 

価格は399円(税込み430円)とかなり控えめ。

その分量も控えめ。

カロリーも348kcalと超控えめ。

女性をターゲットにしているのか、それとも、麺類(カップラーメン含む)とセットで買えということだろうか?

それよりも一番気になるのは、おいしいのだろうか?

温めてさらにおいしいってあるけど、冷めたまま食べる人はいないだろう。
f:id:nmory:20180427153330j:image

当然のことながら、温めてもらい、さっそく食べてみる。

蓋を取れば、炭火の香りが少し伝わってきます。

盛り付けは、ナムル的な野菜(もやし、ニンジン、ニラ)の上に牛たんが少々。

盛り付けというか、薄くかつ小さな牛たんが4枚並べてある。

焼き肉の牛たん換算で2枚ぐらいの量でしょうか。

もっと高くてもいいから、バー弁、チャー弁(昨日、秘密のケンミンSHOWでやっていた)ぐらいに持ったバージョンもあったらいいのに。

 

まあ、一言でいうならば、「インスタ映えはしない」ということです。
f:id:nmory:20180427153302j:image

蓋を開けた時の香りもさることながら、牛たんはそこそこ、炭火焼感があります。

牛たんをフライパン等で焼いたときに感じられる、特有の臭みのようなものはないので、炭火っぽいものでは焼いているようだ。

味付けも、どちらかというと控えめ、

もやしナムルの量が結構あるので、コンビニ弁当の中ではヘルシーな部類といえよう。

それと、忘れてはいけないのが、この麦飯。

プリプリとしていて、食のアクセントになる。

セブンの麦飯シリーズは結構好きだ。

ネギ塩豚カルビ弁当なんてかなりいい線行っています。

 

この炭火焼牛たん丼、容器を見ても、スタンダードな形状ではないので、

レギュラー化はしそうにないけれど、値段かつコンビニ弁当の割には

いい出来だと思います。牛たんは少ないけれど。

 

脂が食べたいときにはこっちだけど、こちらもレギュラー商品ではないんですよね。

セブンイレブンの炭火焼き豚丼が意外に香ばしくてうまいのは、どんな魔法をかけているのか。 - サラサラいこうね。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。