サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

【選挙は誰に投票する?】迷ったら、政党のマニフェストに書かれた順番を見よう。


都議会選挙が投票中のようだけれど、この2週間、政策論争はどこ吹く風

築地と豊洲の使い方で適当に選んでいないか?

大半の都民は関係ないからね、築地市場も豊洲市場も。あんまり。

品質のいい、おいしいものを食べられれば良くて、そんなものは物流の仕事の範疇。

また、危険な物質が出たと騒いでいたけれど、それは管理できるでしょう。

こういってはなんだけれど、埋立地なんて日本と言わず、世界中どこ行っても同じようなものだ。コストがかかり過ぎるから、埋め立てをする際に土砂等の埋めるものの計測管理などは、ほとんどしていない。

あんなところにあんな大きいものをもう作っちゃったんだから、それを有効活用するのは当たり前のこと。

こんなのは焦点ではない。

こんなこと以外にも、いろいろと伝えなければならないマスコミは何をやっているのだろう。とは思ったが、各政党のマニュフェストを見て思った。

漫然と課題っぽいキーワードを列記しただけで、数字がないのだ。

課題っぽいキーワードはどこも同じ。ただし、その書いている順番は各政党異なっていることに留意しよう。

一番上ほど、優先順位が高い。

ただし、最後は展望的なことを書いていることもある。いわゆる、即効性よりも長期的なビジョンである。

 

 

で、実はどこも、安全、安心を考えているようだ。

 

例えば、福祉については、待機児童問題はどうなっている?これが一番重要な焦点ではなかったか?

待機児童だけでなく、高齢者もどうするのよ。当面、人口減少は顕著に表れないけれど、老人の割合はどんどん増えていく。孤立老人は大変だよ

極論すれば、子供と老人どっちに金を使う?ってことを示し勇気が必要だ。

 

防災対策は?といえば、東京は結構、無秩序にものが建てられているけれど、あれでいいの?地震も大雨もいくらでも災害リスクがあげられる中で、いざなにかあったら、どこに逃げる?どこで生活する?耐震補強とか新しい建物はしているけれど、正直なところごく一部。しかも耐震補強なんて想定外の波形の地震が来たらほぼ無意味。

1400万人も人口抱えているのに、たった1割でも難民化したら、リアル北斗の拳だよ。

そういうリスクが高い地域、古い住宅地や商店街への対策にいくらかかるか把握しているのだろうか?

 

それと、オリンピックも実は間接的に重要だ。一時的な行事だと思われているところもあるが、金を出すのは都民。財布の中身は決まっている。ここに金を落とし過ぎると、安全安心にお金が回らないよ。

 

なので、マニフェストぐらいは眺めてから投票した方がいいと思う。

書いてある順番を考慮して、その政党を見極めよう。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。