サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

家系豚骨醤油ラーメン風(吉村家)のランチパックを食べてみたわけですが


家系総本山吉村家とまで書いてあるからコラボものでしょうか?

この類はそんなにおいしくないってわかっているのに手を出してしまうのです。

 

f:id:nmory:20170604033201j:plain

切った中身はこんな感じで、単純に焼きそばパン的なつくりではあります。

ちなみに、見ての通りフィリングが少ないです。

20~30円、いや、50円値上げしてでも、もっとたくさん入れればよかったのに。

f:id:nmory:20170604033220j:plain

 

説明書きには「中華麺を使用した味付け豚肉入り家系豚骨醤油ラーメン風フィリングをサンドしました」とは書いてあるけれど、豚肉の味はしたかな?

小さいのが入っていたのかも疑問ですが、まあ、そこは追及するのやめておきます。

せっかくだから海苔とほうれん草も入れたらよかったのに。

お味の方ですが、まずいってわけではないのですが、フィリングが少なくパンチ不足なのです。

パッケージを見ないで食べてみて、味を当てられたらその人は超能力者です。

吉村家と言わずまでも、ラーメン味だ!ぐらいまでは当てられるかというと、それも難しいぐらい、特徴が薄いです。

 

家で食べたので、せっかくだから片方はレンジでチンしてみました。

すると若干はおいしくなったかな、

さて、家系と言えば、行者にんにく、しょうが、こしょう、ゴマ、豆板醤、そして、ラーメン酢などの追加調味料でカスタマイズです。

実は冒頭の写真の通り、当初から、九州での肉まんの食べ方のように酢醤油が合うのではないかと想定していて、酢を少しつけて食べてみたら、若干味にメリハリがついて、少しましになりました。

リピートは微妙ですが、フィリング増量なら考えるかもしれません。

すぐ消えそうではありますが。。

 

吉村家にある、ご自由にお持ちくださいと書かれた段ボールに置かれることにならないか興味深いが、消費期限が短いからそれはないか。。

家系ラーメンは店で食べましょうね。

 

とはいうものの、ヤマザキのランチパック開発の意気込みは感じられたので、今後に期待です。

ピーナツまではいかずとも、ブルーベリーやイチゴジャム。がっつり系ではキャベツのメンチカツとか、そのあたりのレベルが素敵です。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。