読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

夜中の手抜き飯なら、やわらぎ丼(穂先メンマ丼)がお手軽なのでオススメしておく。

穂先メンマが好きな人、いっぱいいるよね。

代名詞にもなっているのが桃屋のやわらぎ。

ほんと、いいおつまみにもなるし、なにも加えずにそのままで十分満足な瓶詰。

この穂先メンマを使った超手抜きの激ウマレシピを書いておく。少し加えると更に美味しくなる調味料がありました。


f:id:nmory:20170415142248j:image

とはいうものの、桃屋のやわらぎはそこそこ高い。

210gの大きなお徳用サイズでは実勢価格で税込み400円くらいはする。

↓ちなみに、このアマゾンは高すぎ(笑)

桃屋 穂先メンマやわらぎお徳用 210g

桃屋 穂先メンマやわらぎお徳用 210g

 

 

一回り小さいサイズ(といってもこちらがレギュラーサイズではあるが)の115gのものでも200円台の後半はする。

でも、セブンが近しい商品を出しているのに最近気づいた。

同じ大瓶のお徳用サイズで300円くらい。

うん、安い。

おそらく穂先メンマというもので商標登録もしていないだろうから、これを使えるのかもしれない。だから決してパクリではないと信じている。

ところが、未開封の状態でパッケージの反対側を見ると、決してまんべんなくラー油がいきわたっておらず、下段にはラー油の色がついていないところまで似ているので、瓶詰までの製法もそのまま一緒なんじゃないかなって思ったりはしている。っていうか、機械が一緒なのかもね。まあ、いいや。
f:id:nmory:20170407224415j:image

実際に食べてみると、そんなに大きな違いはない。

なんとなくだけど桃屋の方が上質な感じを持つようにはしている。

ほんとに微妙だけれど、穂先メンマ独特の酸味が弱いのが桃屋。

セブンの方は若干酸味が強いかな、ってなところ。

でも見た目は同じだし、やっぱりどっちもおいしい。

メンマの酸味は保存状態にもよるから、酸味は自分のせいかもしれない。

 

それで、そのまま食べるのもいいのだけれど、最近のマイブームがやわらぎ丼なわけなんです。穂先めんま丼と呼ぶべきか??

作り方はいとも簡単。

レシピを公開!(というか、レシピとか言うのも甚だ恥ずかしいレベルなわけですが)

(1)ご飯を適当な器に盛る。

(2)そのご飯に醤油を数滴たらす。

(3)その上に穂先メンマを広げる。

(4)青ネギを周りに散らす。

(5)卵黄をのせる。
f:id:nmory:20170407224359j:image

後は食べるだけです。

黄身が結構合うんだよね、ラー油をまとったやわらかい穂先メンマに。

それと、(2)のところで醤油を数滴たらすとありますが、メンマの酸味が醤油の香ばしさで抑えられて結構いい感じになります。

ちなみに、この醤油をたらすのは(3)や(5)の後でもいいのですが、(5)の後では、卵黄に醤油の風味が包まれてしまい、ちょっと多めになるかなというところです。

どのタイミングで醤油をたらすのがいいのかは人それぞれで。

ほんとに手軽すぎる手抜き飯なので、気が向いたら試してみてください。

【京都のおすすめのお土産】でも、桜の満開とともに千枚漬けの時期も終わる。

千枚漬けの時期がそろそろ過ぎ去る。

千枚漬けは冬場に入り、寒くなる11月ぐらいから販売が開始され、3月も下旬になるとボチボチ店先から消える旬の味覚。

私は新幹線の駅の売店ではあるが、土産として好んでよく買っている。

 

千枚漬けは京都の漬物で、蕪(かぶら)を薄く輪切りにしてつけたものであり、いろいろなところが作っているが、大きな味の違いはわからないのが正直なところ。

後述するけれど、保存状態にもよるからね。

こんなのや、
f:id:nmory:20170407223649j:image

こんなの、
f:id:nmory:20170407223706j:image
これも。
f:id:nmory:20170407223717j:image

蕪自体が元々なめらかであることに加え、昆布と一緒に漬けてあることもあり、若干のヌルヌル感がある。
その昆布のだしを主体にみりんか何かの甘みと場合によっては風味漬け程度の辛味が加えられていることもある。
直径10~15cm程度の大きさなので、放射状に何等分かに切って食べる。おすすめは6等分だ。
そのままでも十分おいしいが、醤油を少しつけてもまたおいしい。
一緒に昆布も入っている。これはそこそこ肉厚だから、細切りにして食べる。
これもこれでおいしい。湯豆腐の出汁を取った昆布然りである。

 

千枚漬けは京漬け物の一番人気とってもいいのではないかと思うが、とにかく私は好物なのだ。
また、京都駅だけでなく新大阪駅でも置いているからお土産に買っていけば大抵は喜ばれる。

先に書いた通り、いろいろなところから出されているが、味に大きな違いは見受けられない。ただ、強いて言えば、賞味期限に結構なばらつきがあるようではある。

3日ぐらいしかないものもあれば、2週間ぐらいと長いものもある。

賞味期限が長いものは、何某かの保存料が添加されているのかもしれない。ま、そこは買うときに自分の目で見てください。


どれも概ね700~800円程度。
日持ちは基本的にしないし、常温保存もできないので注意。
時間が立ったり、温度が高いと発酵が促進してしまうようで、酸っぱくなりおいしくなくなる。

 

せっかく、書いていたのにアップし忘れていてこんな時期になってしまいました。
若干文章手直しして、今アップです。

来年の参考にでもなれば幸いです。

ペヤングやきそば背脂MAXを食べたけれど、脂質とカロリーの割にアブラが堪能できない。

今日、スーパーで普段見慣れないペヤングの企画モノが売っていた。食べてみたので感想を画像入りで評価しておきます。

その名もペヤングやきそば背脂MAX。27日月曜日に発売のようなので、フライング気味。
f:id:nmory:20170325230942j:image

モノトーンのペヤングなんて珍しい。

というより、光の加減では、日ハムのユニフォームっぽくも見える。

しかも、背脂MAXって、なんじゃそりゃ。

ま、体調壊しても翌日は日曜日だし。。って軽い気分で購入。

夕飯もしっかりと食べたのであるが、ドバイワールドカップまでに時間があったので、夜中だけど食べることにした。

おもむろに開ける。

麺の方は通常のペヤング仕様のようだ。
f:id:nmory:20170325230957j:image

 

かやくとソースはこんな感じ。
f:id:nmory:20170325231015j:image

 

かやくを開けると乾燥した青ネギ、メンマ、そしてナルト。

ん?

これって焼きそばじゃないよね?
f:id:nmory:20170325231030j:image

 

お湯を入れて、3分後に湯切りをした図。

まあ、焼きそばじゃないよねこれ。
f:id:nmory:20170325231040j:image

 

ソースをかける。ソースって書いてあるけれど、たれだよね。
f:id:nmory:20170325231052j:image

 

食べた感想はといえば。。

かやくからだいたい想像できると思うけれど、

もう、これは焼きそばじゃなくて、一言でいえば、焼きラーメンの部類。

焼きラーメンといっても博多の屋台にあるのとは別物。

 

もちろん、通常のソースの味はまったくしません。

先にも書いた通り、「たれ」。

ラード主体の醤油味。

店頭ではなく、インスタント麺等のとんこつ醤油ラーメンのたれをイメージしてください。

 

そして、そんなにおいしくはない(あ、言っちゃった。。)

 

もう一つ言うと、これに非常に近いカップ焼きそばを食べたことがあるのだが、

ちょっと思い出せなくて、もやもやしている。なんだっけ。

 

一点注意なのは、ラード臭が結構まとわりつき、っていうか、部屋に充満しているのかもしれないけれど、ちょっと気になります。

ペヤングの「にんにくMAX」や「プラス納豆」までの強さはないけれど、切れが悪く、長持ちする匂い。

 

ちなみに、カロリーは696kcal、脂質44.7g(1食分130g)だから、脂の含有率はだいぶ凶悪ではある。それゆえに、結構胃もたれはする。でも、アブラ部が求めるコクや旨味のあるアブラとはちょっと違うんだよな。とも思うところ。なんだかちょっと物足りない。

 

ということで、あまりお勧めはしないでおきます。

少し前に出た「プラス納豆」は、結構ありだったから、ちょっと期待はしていたんですけどね。好みの問題という事で。

 

サラサラというよりべとべとの記事ですみません。

 

まるか商事 ペヤング 背脂MAXやきそば 130g×18個

まるか商事 ペヤング 背脂MAXやきそば 130g×18個

 

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。