読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

【ダイエットのコツ】量は同じでも一日の食事のとり方をコントロールしよう

一日の間で同じ量の、カロリーや各種の栄養成分(炭水化物(糖分)、脂肪分、タンパク質等)を摂るにしても、その摂取のタイミングによって、体への影響は大きく変わる。
糖質(糖分)は、摂取後、分解も早いことから比較的早く吸収されて1時間後には血液内でピークになる。
これを使わないと血糖値が高くなり、インシュリンが分泌され、正常な血糖値を保とうと、血液中の糖分を貯蔵できるグリコーゲンや脂肪の形に変えて蓄えようとする。だから脂肪がたまる。

おいしいものには糖分がたっぷり含まれているにもかかわらず、減量には糖質のコントロールがポイントなんだろうけれど、これを取らないわけにはいかない。でも、体中のすべての器官でエネルギーになるものなのだから、体や頭を使う前に取ればいいではないか。

 

朝食時

ご飯をガッツリ食べたいなら、朝が一番最適
朝は脳に栄養(ブドウ糖)を供給しなければならないし、通勤で体も使うと思われる。
だから、デスクワークが主体の働き手にとっても有効である。(自営業等の在宅ワークはちゃんと体を動かしてね)
この時に、タンパク質も十分にとっておけば、基礎代謝の向上にも役立つ。
昔ながらの、ごはんに味噌汁、焼き魚や納豆や卵等の日本の朝食はすごく理にかなっているんですね。

 

昼食時

ランチタイムは一番難しいかもしれない。
デスクワークが主体の場合、あまり体を動かしていないこともあるし、さらには、昼過ぎは消化のため、頭に回るべき酸素も取られて、頭がぼーっとしたりすると、脳もろくに使わなくなる。
だから、あまり糖分は取らない方がいいのかもしれないともいえる。
また、脂分の多いランチも要注意。
脂肪は消化に時間がかかるけれど、上記の通り、その間体も動かさず、頭も働かず、となったら糖分を燃やせない。消化が落ち着いた頃には、グリコーゲンや脂肪の蓄積も開始されなんて悪循環になりかねない。せっかく消化した脂肪分も、血液中を巡り巡って、結局使うところが無くてしっかりと蓄えられたりもする。
なので、昼は、栄養や酸素をいつまでも消化にとられないよう、胃にもたれなそうなものが理想だけれど、腹持ちを考えたりすると、がっつり食べちゃうんだよね。ラーメンにライス付きとかで。。

実際は、消化しやすく、緩やかな血糖値の上昇(低GI食品というものですね)が理想ではあるけれど、低GI食品は野菜類や肉類が該当するけれど、消化がそこそこ大変なものもあるので、そういう視点では、制約が多くなかなかむずかしい。

ちなみに、現場仕事や営業周りなど体を動かす人は一日で一番食べてもいい時間ではある。肝心なのは食べただけ動くかですね。

 

夕食時

ディナーは、ガッツリと行きたいところだが、これも時間に注意。
夕食後しばらく起きていて活動するのであれば、まったく、問題ない。
リラックスして、頭も働かせることができるため、脳が結構ブドウ糖を欲してくれている時間でもある。

 

しかし。。

アルコールは意外に注意!

アルコールの代謝には糖分を使うのではあるが、
最大の糖の代謝器官である脳の働きを抑えてしまうし、体を動かすにしても、飲むとだるくなり、あまり動こうとしなくなる人がほとんどであろう。特に家では。
また、お酒には結構な糖分が含まれている。
例えば、350mlの缶ビール一本でも糖分は12g程度になる。
これらの糖は液体になっているし、アルコールは幽門を緩めるから、

ダイレクトに小腸まで届き、吸収も早い
→そうなると、急激に血糖値が上昇する。
体の中で代謝しきれずに、脂肪として貯留する。
という流れになるのは、容易に察しが付くと思う。

また、時折、ビールで太るのではなく、つまみを食べてしまうから太る。という記事を見かける。
これを見て、
「私はつまみを食べないで飲むタイプだから大丈夫だ」
と考えてしまう人もいるかもしれないけれど、これは、さすがにミスリードされている。吸収しやすい形で糖をバンバン摂取しているだけなのだから。

 

最後にやっぱりこれだけは意識

食事をとらないのは一番お勧めできないダイエット法だと思う。
人間は適応能力があるから、飢餓状態が続くと、低燃費の体質になってしまう。
長期休暇等でちょっと油断して食べ過ぎたり、油断せずともストレス性の一時的な過食状態など、いろいろ食べ過ぎる要因はいくらでもあるから、そのように低燃費の体で栄養を取りすぎると、エネルギーを使いきれずにため込んでしまうこととなる。
こうなると戻すのは相当大変なのである。
なぜなら、歳を取ると基礎代謝が下がってくることからもわかるとおり、エネルギーを使わない方が体にとっては楽なのだ。
食べない方法によるダイエットは体重が落ちるけれど、脂肪とともに筋肉の量も減っているから代謝も下がる
さらに、エネルギーがないから疲れやすく、意識せずとも最低限の筋肉の使い方をしていたりして、筋肉も保持しにくい。
エネルギーをしっかりと使いきれる体を保てるように体を怠けさせないのが重要です。

 

【おすすめのソイプロテイン】青大豆が美味しい!ダイエット効果も期待。

最近、青大豆をゆでてそのまま食べるのがマイブームになっている。たかが茹で豆と侮るなかれ、かなり美味しい。

青大豆とは、熟しても緑色が残っている豆で、普通の大豆とほぼ栄養成分は変わらないが、若干油分が少ないらしい。まあ、大豆の油なんて微々たるもんだけれど。

東北地方では「ひたし豆」として、わりとポピュラーらしい。

おいしく植物性のたんぱく質である、ソイプロテインがとれる。しかも自然素材だから、素晴らしい。

ソイプロテインは減量プロテインだからね。

通常、大豆類は乾燥重量の30%程度がプロテイン。

後はプロテインドリンクの量と計算したら、青大豆を食べるのはコスパもいいことがわかると思う。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

 

ソイプロテインは減量のプレミアムが付くから、結構強気な値段設定でしょ。

 

話を戻すけれど、とりあえず、食べ始めると止まりません。ほとんど中毒。

 

青大豆は青い (厳密には緑)!

見た目はこんなです。
f:id:nmory:20170518193837j:image

 

これを、一晩水に浸す。
f:id:nmory:20170518193901j:image

 

すると膨らんでこうなる。
f:id:nmory:20170518193930j:image
体積比にして2倍以上かな?

 

調理は簡単。アクを取りながらゆでるだけ。

水に浸けて十分に戻したら、後は茹でるだけ。

ゆでるときは、お湯を沸騰させて、そこに上記の一晩水に浸して戻した青大豆を投入する。

ゆで汁に戻し汁も使うこともありのようだが、あくが出やすくなるので、私は使わない。使う理由は、戻し汁に栄養が溶け出しているからとのことだが、私が摂りたいタンパク質は溶けだしはしないでしょうから。

中火ぐらいで。私はこの時に塩も少し入れておく。特に塩味はつかないのだけれど、何かを茹でるときには塩をいれてしまうよね。

 
f:id:nmory:20170518194016j:image

茹でているときに、こんな感じで、結構、アクが出てくるので、そこは取ってあげましょう。

そうしないとエグ味が残ります。なぜなら、ゆでたあとはお湯を切るだけで、洗ったりしないので。

それと、塩を入れる場合は、あまり入れすぎると豆が踊り過ぎて、結構アク取りに難儀する。最初は火力が強すぎるからかなと思っていたけれど、そればかりでもないらしい。比重の問題かもしれない。

 

ゆで時間については、どの説明を見ても、お好みでと書いてあるからよくわからなくなるが、弱~中火で10分くらいで上げている。

少し固い方が、そのまま食べるのには枝豆のようでおいしいのだ。

 

後は食べるだけ。そのまま食べるのがおすすめ!

まずは、そのまま食べてみてほしい。

クルミのような食感と濃厚な旨味を感じられないだろうか。

ほんと、素敵です。

 

それで、もしも、塩気の面で物足りなかったら、軽く塩を振るのもあり。

タッパーにいれて、塩を振って軽くシェイクすれば、満遍なく塩が付く。この場合には、部分的に塩気が濃くならないようアルペンザルツとか、パラパラの塩がおすすめ。

ビールのつまみにもちょうどいい。

そしてまた、飲み過ぎる(笑)

 

なお、青大豆はいろいろな名前で売っていて、味や風味もそこそこ違います。

これは秘伝豆(ひでんまめ)。

緑色は薄めで、へそも白いのが特徴。
f:id:nmory:20170518194401j:image

 

次は青畑豆(あおばたまめ)。

こちらの方が豆の甘味が強くて濃厚な感じ。枝豆のようです。

青みが強くてへそは黒いです。色素が多い品種なのでしょうか。
f:id:nmory:20170518194432j:image

ちなみに今回の記事は、こちらの青畑豆です。

 

スーパーだと200g~250gが300円から400円で売っているので、大豆よりちょっと高いです。

国産(山形県) あおばた豆(青大豆・ひたし豆) 1kg

国産(山形県) あおばた豆(青大豆・ひたし豆) 1kg

 

 

ちなみに、たくさん食べるものだから、国産をおすすめしておきます。

農薬と表面積の話は、ここらのページの中段あたりに。

www.sarasara.net

 

 

ザ・チョコレート ジャンドゥーヤ。これは久しぶりの傑作。最高です。

このチョコレート美味しいね。
明治のザ・チョコレート(THE Chocolate)
魅惑の旨味ジャンドゥーヤ(Gianduja)
f:id:nmory:20170516221813j:image

このおいしさは、緑色のパッケージからはイメージできませんでした。
だって、美味しいものは茶色いと信じて疑わない私ですから。
一個50gとなっていますが、3枚入りです。

スーパーで230円くらいでした。


f:id:nmory:20170516221846j:image

一番肝心な味の方ですが、このジャンドゥーヤはヘーゼルナッツなので、香ばしさはアーモンドには及ばないところはありますが、ヘーゼルナッツの特徴の濃厚なナッツ感が素晴らしい仕上がりです。

最初の一枚は、コーヒー等とは合わせずに、まずはこのまま楽しむことをオススメします。後の二枚は好きなように。

勿論、コーヒーとの相性もかなりいいけど、コーヒーはホットのブラックがいいと思うよ。というか、それ以外は個人的には認めないが。

 

それと、もう一つ、このような三層構造もグッド。

カッシー二が送る土星の輪の層のように美しいじゃあないですか。

この真ん中の層がジャンドゥーヤ。

ちょっとぼやけているけれど。
f:id:nmory:20170516221831j:image

こうなれば、端から端までヘーゼルナッツのジャンドゥーヤを楽しめますよね。

 

私の中では、「リピートする?しない?」とかいう問題はもはや超えて、

ガッキーがCMをする明治アーモンドチョコレートと並びレギュラー的な扱いに昇格したわけです。あっちはポイポイ食べられるので、仕事中のちょい食べに便利なので、重宝してます。

 

ほんと、冗談抜きでデパ地下のチョコレート(ラム酒入り部門除く)と戦えるレベルです。そこらのコンビニやスーパーで200円前半で買える手軽なチョコレートなのに。

ナッツとチョコの旨味は確かですよ。

 

明治  明治ザ・チョコレート魅惑の旨みジャンドゥーヤ  50g×10箱

明治 明治ザ・チョコレート魅惑の旨みジャンドゥーヤ 50g×10箱

 

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。