サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

部屋のカビが気になるので、お部屋のカビ取りクリーナーを使ってみた。


手軽なカビ対策になるのか?

夏場の大敵はカビである。

燻煙のように部屋全体に広がる「ルックのおふろの防カビくん煙剤」の部屋バージョンがあれば、すぐにでも使ってみたいのであるが、これはお風呂用である。失敗したからといって、風呂場のように水で洗い流すようなこともできない居室で試す勇気はない。

 

今回は、お部屋のカビ取りクリーナー(友和)というものを買ってみた。

というか、これしか見当たらない。750円くらいでした。


f:id:nmory:20180813083828j:image

 

パッケージのわりに、意外とスリムなボディ。。
f:id:nmory:20180813083843j:image

 

カビ取りとこの製品に関して

塩素不使用なので、刺激臭はなく、塩素が苦手でも使えるところは結構いい。
でも、「発酵乳酸の強力な除カビ作用で、家庭内に発生するカビの殆どを約10分ほどで98%以上除去します。」とあるけれど、98%というところが控えめすぎないか。

普通は99%と書くところだろう。

カビの生育はバイバイン(ドラえもん17巻参照)のように、指数や対数的に増えていくので、初めの一歩は重要である。

 

ところで、以下にも記載がある通り、カビは高温(ないし低温)と乾燥に弱い。

カビ対策マニュアル 基礎編−文部科学省

40度までが生育環境なので、いつも気になるところは定期的にドライヤーの風を10分も当ててあげればカビは生えない。低温もあるが、湿度との並行が難しい

でもなかなかできないので、こういうケミカルの出番になる。

 

それと、書かれているさわやかなオレンジの香りを感じるのは使っているときくらいで、使用後は香りは残らないような気がしている。

私の鼻が悪いのかな??

 

肝心な成分は、L-乳酸、有機酸、リモネン、香料、界面活性剤(6%.ポリオキシエチレンアルキルエーテル)とある。

ちなみに、こういう表記がよくあるが、正直なところ有機酸と香料は何が入っているのかさっぱりわからないですよね。

また、この薬剤の肝となるL-乳酸のカビ取りの機序についても調べてみたが、詳しい説明は見つけられなかった。しかしながら、非塩素系のカビ取りとしては、とにかくこれをカビ取りに使っている製品が多いことはわかった。まあ、効くのでしょう。

 

それと、この薬剤は弱酸性である。乳酸や有機酸だけではpHも低下(酸性に傾く)する。このような酸性の環境下では、カビも生育しやすいので、この界面活性剤は洗浄効果のほか、pHも上げる効果も期待していると思われる。

それでも、弱酸性はカビの生育環境下であるから、防カビの効果はあまり期待しない方がいいだろう。あくまでも除カビである。

ただし、カビを完全に除去できれば、どこかからカビの胞子が飛んでこないうちは、カビは生えない。やるなら徹底的にが鉄則である。レビューで効果がなかったという意見は、徹底的にできなかったのではないだろうか。

 

実験的に使ってみる。

下は、コーティングが剥がれてかつ、カビが生えて使い物にならなくなったPORTERフリースタイルの持ち手部分。

写真の左側にこのカビ取りクリーナーを噴射して、半日放置した図。

拭いてもいないのに、こうなるということは、カビの制御はできているようだ。

ココから生えてくるのか数日放置してみようと思う。後日報告するよ。
f:id:nmory:20180813083854j:image

 

店頭より200円くらい安くて、唖然としている。 

お部屋のカビ取りクリーナー 180ml

お部屋のカビ取りクリーナー 180ml

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。