サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

セブンイレブンのパクチー香る焼き餃子が。。ま、興味があれば。


パクチー香る焼き餃子を見つけたので買ってみました。

税込み159円です。

ちなみに、私はセロリは大好きですが、パクチーは嫌いではないですけれど、それほどでも。って感じです。

買った理由は、興味本位です。


f:id:nmory:20180812155324j:image

早速調理をします。

といっても、袋の端を少し切って、レンジに放り込んで1分30秒くらい待つだけ。

中にはトレーに入った餃子が4つ入っています。


f:id:nmory:20180812155338j:image

出来上がりの画。

一つ一つは結構しっかり具が詰まっていて、ボリュームがあります。

皮は緑色をしていて、焼いている面は、結構しっかりと焦げ目がついています。

しっかり焼いてるようです。

パクチーをイメージしているからだと思いますが、原材料名を見るとほうれん草パウダーの記載もありますので、おそらくそちらの色素によるものなのかな。

皮に色付けするまで粉末パクチーを入れたら、結構香りが強くなりそうですから。

 

味の方はと言いますと、もうこれはご想像にお任せします。

パクチー本体は原材料に記載のとおり、粉末パクチーです。

餃子にかぶりつくと、口の中にいわゆるパクチー特有のセリなのか、ミントなのか、カメムシが攻撃された時の臭気なのか、人によってどちらとも形容できる香りがします。

粉末パクチーなので、みずみずしさと表裏一体の青臭さはなく、スパイシーな部分が際立っているような気がします。一つ断っておきますが、カメムシという形容も、悪気があって使っているわけではなく、それ以外の似た香りに形容しようがないのです。

私の場合、パクチーは、セリとミントとカメムシの間の香りに感じるんですが、

特にセリ側ミント寄りの香りに感じるんですよね。ってよくわからないか。

 

感想を言うならば、個人的には餃子とパクチーのコラボは微妙です。

餃子はやっぱり、ラー油と酢醤油で食べたいのですが、パクチーはこれらと仲良くしてくれません。

でもパクチーが本当に好きな人であれば、もしかしたらおいしい!ってなるかもしれません。

でも逆に、ちょっと中途半端なパクチーの香りに逆に怒ってしまうかもしれませんね。

現場からは以上です。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。