サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

吉野家の麦とろ御膳は注意です。


私は吉野家贔屓です。

ですから、当記事もネガキャンではありませんので、あしからず。


普段は牛丼しか食べないのだけれど、とろろがどうしても食べたくなったので、新製品の麦とろ御膳(牛皿)を食べてしまいました。

こんなメニュー

www.yoshinoya.com

 

 

ところで、巷にはいろいろな牛丼店があるけれど、吉野家の牛丼だけはやっぱりちょっと違う味だと思っています。

逆に言うと、吉野家以外の店の牛丼が、牛丼であり、吉野家が出すのは、“吉野家の牛丼”というジャンルなのだと勝手に思っています。

さらに、もう一つ言うと、

吉野家は店によっても味にばらつきがあることにお気づきでしょうか。

吉野家が使っているあの買いたいけれど、売っていない、脂と肉が絶妙なバランスの、でも安そうな肉。

あの肉は脂がいいんです。

肉の部分ではなく、あくまでも脂が主役です。

だから煮詰まっちゃだめなんです。脂が溶けちゃうから、あの肉。

ゆえに、回転が速いところの方がおいしい。

有楽町店とか最高です。

回転が速いから、いつ行ってもうまい。

一方で、あまり客が入らない地域の吉野家はピーク前に行ってはいけません。

煮詰まって、グダグダでしょっぱい肉の牛丼が出てきます。

こうなってしまうと、おいしくないです。

 

さて、吉野家の牛丼はつゆ抜きで食べます。

吉野家はファストフードの割には米がしっかりと炊けているので、ごはん本来の旨味を消してしまうのもなんだかもったいない。

だからつゆ抜き。

つゆ抜きと言っても、つゆが入っていないわけではなく、

最後のつゆにくぐらすという一工程を省略するだけです。

ごはんの白いところが結構残っている状態です。

少し、紅ショウガを乗せ、一部に醤油を垂らすなど、色々な味のバリエーションも楽しめます。

それと、玉子も頼みます。

私の場合はあまりかきまぜないようにしています。

部分的に黄身の濃厚さを味わえるからこれもうまい。

つゆだくが好きな人には物足りないかもしれませんが。

 

ちょっと話が脱線しましたが、

実際食べたのはこんな感じ。

 


f:id:nmory:20150729082808j:image

なんちゃって麦飯にとろろ、オクラに味噌汁と牛皿も並一人前位あります。

麦飯を「なんちゃって」と言ったのは、食べればわかりますが、

麦飯は表面だけです。ここは注意です。

意味が分からなかったら、食べてみてください。表面だけですから。

でも、そんなには食感には影響しないので、ご心配なく。

麦飯の麦そのものの味をかみしめる人もいないでしょう。

プリプリした

麦飯が口のなかでところどころで踊るくらいがちょうどいいのかもしれません。

それを踏まえてもコスパはまあまあというところでしょうか。

玉子とかオプションで付けるのもありだと思います。

今の時期、夏バテ寸前で食欲が無いときにもいいかもしれません。

 

あのバサバサとふりかけのように使える七味唐辛子が売っていました。なんで店頭で売らないのかな。

吉野家 唐辛子 30g 2本

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。