サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

今さらだけど、ソルマックプラスとソルマック胃腸液プラスは別物だよ。


この年末年始はやたらとお酒を飲む機会が多かったなあ。

今回はソルマックに月光なお世話になっていました。

 

当然のことながらCMでもおなじみですよね。

でもこのソルマック。

ソルマックとソルマック胃腸液があるのをご存知ですか?

成分に大きな違いかあるから注意ですよ。


f:id:nmory:20171230103602j:image

ソルマック胃腸液プラスはコンビニでも買えます。

一方、ソルマックプラスはドラッグストアでしか買えません。

値段はどちらもあまり変わりません。

・ソルマック胃腸液プラスは1本(50mL)350円

・ソルマックプラス1本(25mL)× 2本入りで800円

 

厳密にはソルマックマックプラスの方が一本当たりの定価にすると少し高いけれど、ドラッグストアは普通はディスカウント販売しているので、定価販売のコンビニとほぼ揃う。

 

 

でもこれらは、内容成分を見るとかなりの別物。

どうせ買うのであれば近くのハックやマツモトキヨシに入って、ソルマックプラスを買った方が絶対いいと思います。

 

その違いはこの通り。 

【ソルマックプラス】

ウコン流エキス
カンゾウ抽出物
ニンジン流エキス
オウレンチンキ
チョウジチンキ
ゲンチアナチンキ
ソウジュツ流エキス
ケイヒチンキ
カルニチン塩化物

 

【ソルマック胃腸液プラス】

ウコン流エキス
カンゾウ抽出物
エンメイソウエキス
ニンジンエキス
アカメガシワエキス
ケイヒ油
チョウジ油

 

細かい数字は以下のサイトを参照。
液体胃腸薬成分一覧 | ソルマック | 大鵬薬品工業株式会社

 

ざっくり言うと、ソルマックプラスの成分はチンキがほとんどである。チンキは生成の過程で明確な定義があるいわゆる精製された漢方薬。一方で、エキスはとりあえず含まれていればいいというものでもあるようだ。

(ここでは、明確な定義は様々あるようだけれど、あえて分けて表記しているところに着目しています)

 

これらのように、医薬品の種類によって、として漢方薬として配合できるものに違いがあるのでまったく同じものではないですが、例えば、同じもので比較すると、明らかに違うことがわかる。胃粘膜の荒れに効くといわれるカンゾウ(甘草)抽出物が10倍以上の差があります。

コンビニにあるソルマック胃腸液プラスは、医薬部外品。

飲んだ後すっとする気はするんだけれど、それはあくまでもメントールのおかげ。

薬効成分はあまり期待できないのではないかと思われます。

 

おそらく、どちらも同じものと思われていることが、ソルマックの評価が大きくわかれている原因になっていると思われます。

 

ここら辺の成分は、大正漢方胃腸薬とか 三共胃腸薬とか キャベジン等々、胃腸薬にはだいたい含まれているものばかりです。

それの成分の違いがこれだけ違う(ものによっては10倍違う!)ので、せっかく飲むならドラッグストアを探して、そちらで買っておきましょう。

 

【第2類医薬品】ソルマックプラス 25mL×5

大鵬薬品工業 ソルマック胃腸液プラス 50ml×8本【指定医薬部外品】

 

でも、飲むときにおすすめなのは

大鵬薬品工業 ソルマック5(サキノミP) 50mLx8本 [指定医薬部外品]

だったりして、気分の問題も強いのかもしれないですね。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。