サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

ミドル脂臭対策はデオペーパーが最強。シャンプーでも効果がなかった人にもおすすめ


加齢臭でも汗臭さでもない、ミドル世代特有のアブラの臭い。

俗にいうミドル脂臭の撃退に、試してもらいたい商品がありました。

ルシードのカラダと頭皮のデオペーパー。

ちゃんと使えば効果抜群です。

この春先にマンダムから新発売されたのだけれど、おそらくこれからが使われる本番だと思います。

 

最近ではスメルハラスメント、いわゆるスメハラなんてのも社会問題化してきているものだから、自分が気にしなければいいではないかという割り切りも、成り立たないのが正直なところなので注意しておきましょう。

 

ちなみに、あまり効果を感じられないという口コミもあったりします。

でもちゃんと使えば、どこでも絶大なる効果を発揮する商品なのです。

基本的に朝に使えば一日効果が持ちますが、いつでもどこでも使えるのもポイント高い。

 

シャンプーでは臭いをイマイチ抑えられないという方。

寝る前にシャンプーをする方がほとんどだと思います。

だって、汗臭いまま寝たくはないですもんね。

シャンプー等では、もちろん効果がないわけではないですが、以下のような懸念もあります。

・シャンプーは基本的に残さずに洗浄するものなので、薬効成分が含まれていても、頭皮に保持されにくい。

・コンディショナーは完全に洗い流さないため、比較的保持されるが、人それぞれ地肌や髪との相性があり、選びにくい。

・そもそも、寝ている間に原因物質が溜まってしまう。

そう考えると、

家を出る直前にもできて、効果のある成分が長く残るような方法が得策だと思いませんか?

 

使用上のコツ

使用上のコツといっても、ただ拭くだけなのですが、
最大限の効果を発揮するには、この拭き方に若干注意した方がいいようです。

ポイントは原因物質(ノネナール等)の特性を考慮して拭き取ること。

後頭部を軽く拭いてもそれは髪の表面だけを拭いているに過ぎず、まったく効果はない。

地肌や毛穴を可能な限り、拭いてあげる必要がある。

もちろん毛穴の内部まで拭くのは困難だ。

この部分をきれいにするためには、
・浸み込まれている液体がしっかりと頭皮に届くように、若干強めにペーパーを押さえつけ密着させることを意識する(手のひらも使って、全体でホールドするような感じ)

・拭くときは、上下一方向だけでなく、左右も行う。頭皮を拭くのは髪の毛があるため拭きにくい。そのため、歯磨きのように小刻みに。

を十分に意識する必要がある。

これらは、「意識的に行う」ことが重要です。

 

しっかりと拭くために

ただし、あまり強すぎると地肌を痛めそうなので、そのあたりは自分の肌と相談。
そのためには、通常のケアもかなり重要になる。
荒れてしまうと、脂質の過剰分泌によるフケや、抜け毛の原因にもなりうるからだ。
なので、シャンプーをするときには、なるべく地肌のトリートメントも丁寧に行う必要がある。

前述のように、ここで使うコンディショナーは自分に合ったものが重要で、ミドル脂臭い対策商品にこだわる必要はありません
これらも丁寧に行うことにより、前述のシートによるふき取りができるようになる。

荒れちゃったら、もっと大変ですからね。

 

それと、髪が生えている場所を拭くのだから、あまり髪は伸ばさない方が拭きやすいですよね。
このアイテムを使いたい場合は、後ろ髪を伸ばすのはあきらめましょう。

 

 こちらも清涼感あります。

「ニオイ スゴ落ち」とか、でかでかと書かれると、逆い買いにくいって話もありますが。。

ルシード カラダと頭皮のデオペーパー 30枚

ルシード カラダと頭皮のデオペーパー 30枚

 

 

こっちは結構クール

ルシード カラダと頭皮のデオペーパー アイスタイプ 30枚

ルシード カラダと頭皮のデオペーパー アイスタイプ 30枚

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。