サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

【枝豆ダイエット】青大豆が美味しい!ソイプロテインの効果に期待。


最近、青大豆をゆでてそのまま食べるのがマイブームになっている。たかが茹で豆と侮るなかれ、かなり美味しい。

青大豆とは、熟しても緑色が残っている豆で、普通の大豆とほぼ栄養成分は変わらないが、若干油分が少ないらしい。まあ、大豆の油なんて微々たるもんだけれど。

東北地方では「ひたし豆」として、わりとポピュラーらしい。

おいしく植物性のたんぱく質である、ソイプロテインがとれる。しかも自然素材だから、素晴らしい。

ソイプロテインは減量プロテインだからね。

通常、大豆類は乾燥重量の30%程度がプロテイン。

後はプロテインドリンクの量と計算したら、青大豆を食べるのはコスパもいいことがわかると思う。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

 

ソイプロテインは減量のプレミアムが付くから、結構強気な値段設定でしょ。

 

話を戻すけれど、とりあえず、食べ始めると止まりません。ほとんど中毒。

 

青大豆は青い (厳密には緑)!

見た目はこんなです。
f:id:nmory:20170518193837j:image

 

これを、一晩水に浸す。
f:id:nmory:20170518193901j:image

 

すると膨らんでこうなる。
f:id:nmory:20170518193930j:image
体積比にして2倍以上かな?

 

調理は簡単。アクを取りながらゆでるだけ。

水に浸けて十分に戻したら、後は茹でるだけ。

ゆでるときは、お湯を沸騰させて、そこに上記の一晩水に浸して戻した青大豆を投入する。

ゆで汁に戻し汁も使うこともありのようだが、あくが出やすくなるので、私は使わない。使う理由は、戻し汁に栄養が溶け出しているからとのことだが、私が摂りたいタンパク質は溶けだしはしないでしょうから。

中火ぐらいで。私はこの時に塩も少し入れておく。特に塩味はつかないのだけれど、何かを茹でるときには塩をいれてしまうよね。

 
f:id:nmory:20170518194016j:image

茹でているときに、こんな感じで、結構、アクが出てくるので、そこは取ってあげましょう。

そうしないとエグ味が残ります。なぜなら、ゆでたあとはお湯を切るだけで、洗ったりしないので。

それと、塩を入れる場合は、あまり入れすぎると豆が踊り過ぎて、結構アク取りに難儀する。最初は火力が強すぎるからかなと思っていたけれど、そればかりでもないらしい。比重の問題かもしれない。

 

ゆで時間については、どの説明を見ても、お好みでと書いてあるからよくわからなくなるが、弱~中火で10分くらいで上げている。

少し固い方が、そのまま食べるのには枝豆のようでおいしいのだ。

 

後は食べるだけ。そのまま食べるのがおすすめ!

まずは、そのまま食べてみてほしい。

クルミのような食感と濃厚な旨味を感じられないだろうか。

ほんと、素敵です。

 

それで、もしも、塩気の面で物足りなかったら、軽く塩を振るのもあり。

タッパーにいれて、塩を振って軽くシェイクすれば、満遍なく塩が付く。この場合には、部分的に塩気が濃くならないようアルペンザルツとか、パラパラの塩がおすすめ。

ビールのつまみにもちょうどいい。

そしてまた、飲み過ぎる(笑)

 

なお、青大豆はいろいろな名前で売っていて、味や風味もそこそこ違います。

これは秘伝豆(ひでんまめ)。

緑色は薄めで、へそも白いのが特徴。
f:id:nmory:20170518194401j:image

 

次は青畑豆(あおばたまめ)。

こちらの方が豆の甘味が強くて濃厚な感じ。枝豆のようです。

青みが強くてへそは黒いです。色素が多い品種なのでしょうか。
f:id:nmory:20170518194432j:image

ちなみに今回の記事は、こちらの青畑豆です。

 

スーパーだと200g~250gが300円から400円で売っているので、大豆よりちょっと高いです。

国産(山形県) あおばた豆(青大豆・ひたし豆) 1kg

国産(山形県) あおばた豆(青大豆・ひたし豆) 1kg

 

 

ちなみに、たくさん食べるものだから、国産をおすすめしておきます。

農薬と表面積の話は、ここらのページの中段あたりに。

www.sarasara.net

 

 

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。