読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

しょうが焼きバーガーをヤッキーなんて言うから


この価格設定は安いのだろうか

値段の割には悪くはないお味ではあるけど、なにかが違う。

マクドナルドのしょうが焼きバーガー200円。

この値段もさることながら、もちろん、単品で食うわけはないんだけれど、お得感はあるから食べるわけである。

何故って、私は困ったらしょうが焼きを注文するタイプの人だから。

 

しょうが焼きっていいよね。

ご飯をもりもり食える。

定食だから、そこそこボリュームもある。

さらには、なぜか、二日酔いでも結構食べられる。

しかも定番で、日本中どこの定食屋に行ってもだいたいある。

ほんと、メニューから選ぶ時間がもったいないときは、

店に入って席に着く途中で、

「しょうが焼きある?」

って聞いて、「あるよ」って言われたら、そのまま頼んじゃうくらい。

好きな食べ物と言われて答えるわけではないけれど、飽きないし、はずさない、という意味では、私の中ではtランチの主軸です。

そんな、私の中では愛のあるしょうが焼き。

 

で、このマックのしょうが焼きバーガー

やっぱりね、しょうが焼きはご飯だよね。

まずくはないんだけれど、想像通りでした。

テリヤキバーガーの照り焼きソースを若干、しゃばしゃば仕立てにして、しょうがの香りを強めにして。

マヨネーズを抜いたみたいな、

そんな仕上がり。

テリヤキバーガーとの差別化を図るのであれば、むしろレタスはキャベツにした方がいいかなとか、

でも、テリヤキに必須のマヨネーズはオプションで残してもらってもよかったなあとか。

なぜならば、しょうが焼き定食って、だいたいキャベツがあって、そこにマヨネーズもかかっていたりするから。

そうだ、あと、オニオンはやっぱりスライスじゃなくて、肉と一緒にたれで焼いてしなしなになる手前のとかにしたらよかったな。

そもそも、ライスバーガーにすればいいじゃんとか、結局そこに思いは集約されるのだけれど、そうしたらモスバーガーになっちゃうので本末転倒なのかな。

しょうが焼きを食べているようなって、公式ホームページには記載されているけれど、この開発担当は、もっと、いろいろな定食屋でしょうが焼きを食べた方がいいのでは?と思うところではある。

ただこの意気込みと、ヤッキーなんてキャッチーな名前を恥ずかしげもなくつけたマクドナルドのセンスには、その堂々とした態度はちょっと見習いたいと思う。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。