サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

いきなりサバ缶とトマトジュースを品切れにさせるなんて、まだTVも影響力がある。けど、ちょっと困った。


健康を扱うTV番組

免疫アップに、にんにくや小松菜、キャベツとか、LDLや中性脂肪にはサバ缶とかトマトジュースとか。血糖値にもトマトジュースとかこの前TVでやってた。

健康特集はとても役に立っていいんだけどさ。

でもいきなりやられるとちょっと困るんだよね。

店から一時的に物がなくなる。

いっつも食べてるのに買えなくなる。

今日の場合はサバ缶と、トマトジュースが品切れしていた。

あと、とばっちりでオリーブオイルも。

会社帰りに寄るいつものスーパーでのこと。

 

こういうことはよくあるし、本当に一時的なんだ。

でも一週間ぐらいは、品薄でこれらが買えなくなる。

意外とそれが困るんだ。

いっつも食べたり飲んだりしているから。

これは、ある意味テレビ局が仕掛ける逆飯テロともいえる。

 

TVは情報を伝えるプロですから

番組の作り方も、やっぱりうまいんだよな。プロだから。

かなり衝撃的で印象に残る作り方をするわけだ。

例えば、

90が80になるグラフの軸を

0~100ではなく、70~100の軸で作ったりする。

グラフなんて細かい軸横の数字より、棒の要素の方を見るでしょ。

それとか、

平均値ではなくて、10人の被験者の一番すぐれたケースのグラフを出したりする。

(もちろん、これらのテクニックはプレゼンやPOP広告の基本だから、社会人は吸い取るべきスキルだけどね)

 

これらはどれも嘘ではないけど、なんかなぁ。。って思うでしょ。

冷静に見れば。

ところが、番組を観ている間はそうは思わない。

実際に減っては、いるのではあるが、実は緩やかな減り方であったり、挙動が特異なケース(むしろ統計処理で外すべきケース)を示しているにもかかわらず。

でも本当に激減したように、ある意味では錯覚を引き起こすような、とても優れた表現の仕方をするものだから、店から一時的にその商品がなくなるのだ。

プロが編集をしているから当然ではあるが。

それを見た視聴者はすぐに効くと思って買って、早速、摂取を始めるのだけれど、効果が出る前に飽きるから、今度は在庫が残って、ダブつくという繰り返し。

 

もっと、普通に伝えてもらった方が

番組を作る側は、もっとマイルドな表現で番組作りをしてくれたらいいのにと、こういう時には思うのである。

さらに言えば、即効性がないものは、ちゃんとそれもいってあげないとな。って。

例えば、サバ缶なんて、商品によっては、結構、鯖由来以外のオイルが多いものもあるから、体質が変わるまで取り続けないと商品によっては逆効果では?なんて考えてしまうわけで。だって、サバ缶なんて、毎日食べられないでしょ。

これらの健康関連で特集される食品は、実際には、毎日摂取できないと効果が出てこないものばかりなんだよね。

観る側はこのあたりを注意して、正しく感化されたいねと思うところです。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。