読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

RHODIAがcoloRでおしゃれになっている。


RHODIAはいい。

すごくいい。

何がいいって、とりあえず何でもかんでも書きだしてみて、最後にザザッと切り取れるところ。この切る感触もさることながら、書いたものについても、整理しやすい仕組みになっている。

終わったタスクの書き出しや何かのアイデア出しのボツ案ならサクッと捨ててしまえば気持ち的にスッキリして、終わった充足感を得られるし、もしも使えるメモなら残して手帳に挟んだりしておいたりしておけばいい。よくある付箋紙と異なり紙の質もいいから、長期保存も可能だ。

こんな感じで一回一回リセットできるから切り替えがしやすいし、大きさも手ごろなものがあるからいつでもポケットに、手元に置いておける。

また、最後のシートの後ろに厚紙がはさんであるので、どこでも何でも書けてしまう。たとえ、電車で立っているときにでもだ。(ただし、ぎゅうぎゅうの満員電車は自粛)

スマホで打てばいいじゃんという向きもあるけれど、刹那的な思い付きは手書きに限る。私の場合、スマホで文章にしようとすると、そのことに意識が集中してしまい、どんどんアイデアは逃げていってしまうので。
f:id:nmory:20150922222755j:image

ちなみに、裏写りもしにくいから万年筆でも十分に耐えられる。

使う前は「80枚で250円は高いな」とも思っていたけれど、使っているうちに、この切り取るリセット効果を考えたら、そんなことは気にならなくなった。今では、意思決定や頭の整理に大きく寄与をしているとしか云いようがない。思考の断捨離というようなイメージでしょうか。

 

それで、今日たまたま手帳を物色しにLOFTをぶらぶらしてきたのですが、RHODIAが黄色と黒と白以外を見つけてしまったわけです。

ブロックロディアカラーRと名付けられているようで、こんな感じのロディアです。(画像クリックするとamazonに飛びますがサイズがNo.16なので気をつけて)

RHODIA ロディア coloR カラーR No.16 サファイア 横罫 RHODIA ロディア coloR カラーR No.16 コクリコ 横罫

左がサファイア、右がコクリコ(坂の名前かと思っていた。色の名前とは初耳)ですが、そのほかにもトープ(こげ茶みたいな色)、フランポワーズ(濃いめのピンク)などいくつかありました。てか、これ色の名前だよね?と自問しつつも、サファイアとかフランポワーズは色の名前だから、たぶんフランスでよくある色なんだろうと勝手に解釈したところです。

ちなみに、気になる中味は横罫線のアイボリーで、方眼はまだ無いようでした。

私は基本的に方眼かDOTを使っているのですが、よく使うサイズであるNo.12(8.5㎝×12.0㎝)がラインナップされていたこともあり、また、結構色も気に入ったので、買っちゃおうかなと思ったのですが、価格を見ると350円。紙はいいんだろうけれど普通の物より100円も高いってどういうことですか?ってことで、とりあえず、買うのを見送りました。

でも、方眼、ドットが出ていたらたぶん買ってしまうと思います。

それぐらい落ち着いたいい色ではありました。RHODIAにカバーを着けない派にとって、楽しみが増えそうです。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。