サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

Amazonアソシエイトの審査が通るまでの記録です。合格するための、たった一つの注意点はこれですね。


Amazonアソシエイトの申請がなかなかのコント仕立て(特に記事の後半)だったので、ここに記しておきます。

これから申請する方が合格を勝ち取るための条件等の参考にもなるかもしれません。(それも記事の後半)

最初はやっぱり落ちました。

はじめてAmazonアソシエイトに最初に申し込んだのは7月に入ってからだから、3週間くらい前だったか。

申請すると、

Amazonから、ボクタチハ、トモダチヲゼッタイ落トサナイカラネ。的な、

Everyone Welcome! がにじみ出るメールが届く。

これで、なんだよ楽勝なんじゃん感を掻き立てられるわけだ。

そして撃沈する人々、多数。

人によっては二桁回落ちた猛者もネットで報告していた。

 

申請から一日が経ち、二日が経ち、結果が来ない。

こんな時、「ちゃんと見ているんだな」ってポジティブシンキングができる自分にちょっと感心したものだが、3日目に来た結果が

「アソシエイト・プログラムから審査結果のお知らせ」

だった。

知っている人ならわかると思うけれど、この題名は不合格通知だ。

以下、アマゾンからのメールの一部引用。

Amazonアソシエイト・プログラムにお申し込みいただき、ありがとうございます。

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申し込みを承認することができませんでした。

当プログラムでは、お申し込みいただいたWebサイトが運営規約に反する、または、下記の項目に当てはまる場合、ご参加を承認することができません。

=======================================

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしておりま

6. 知的財産権を侵害している場合

7. 露骨な性描写がある場合

8. 未成年の方のお申し込み

=======================================

当プログラムでは、ご参加のお申し込みを誠意をもって検討しております。

しかしながら、当プログラムの独自の裁量により、上記の8つの理由にあたらない場合でも、運営規約上、あなたのWebサイトのご参加が不適当であると判断した場合には、お申し込みをお断りする場合があります。

 

これだけ書かれて、なにか心当たりがあれば是正のしようもあるが、心当たりがまるでない。

 

もし一つあるとしたら、

「2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合」

他者(社)が「はてな」と認識されたのか?

でもそうしたら絶対通らないよな。

独自ドメインでもとって、マスクをかぶらなきゃならいの?

と、対策案も浮かばないので、あきらめることにした。

申請、再び

二週間が過ぎ、

とあるブログを閲覧していると、自分のお気に入りを指定しておすすめできるアマゾンはいいよ的な話を読んだりした。

・・・。

いいじゃないか!それ。

 正直な話、自分のサイトに、googleの広告で、ま○が王国のどぎついやつとか出てくると、心底いたたまれない気分になるから、選べるのはいいんじゃないかと思いました。

※ブロックすれば消せるらしいけど、やり方が悪いのか、たまに現れます。

 

ただな~、一回落ちているんだよな。

そこで、いろいろ調べてみると、やっていなかったことがいくつかあった。

ただ、サイトについてはすでに問題ないレベルだと思っているから、あとはメールの方だ。

  • フリーのメールアドレスを避けること。
  • アマゾンの購入履歴のあるアカウント(メールアドレス)

この二つが特に目立っていた。

ただ、フリーのメールアドレスって言ってもGmailは有料メール以上の重要な情報預けているぞ。ということで、無視することにした。

※厳密に言えば、空いている適当な有料アドレスが無かったのである。

 

もう一方の、アマゾンで購入履歴のあるアカウントはと言うと、これについては、おそらく、アマゾンのようなアメリカの企業は、アソシエイトと言ってもビジネスパートナーという信頼関係を求めるんだろうな。ということで、そりゃそうだろと納得。

リターンマッチの結果はいかに?

そして、上記の考えから、アマゾンで普段使っているアカウントのアドレスで申請することにした。

f:id:nmory:20150722003040p:plain

 

ほどなく、前にも見た、いつも通りのEveryone Welcome! なハイテンションメールが届く。

ここから、また2,3日かかるのかな?

再申請だからもっとかかるのかな?

などと思いながらも、面白い展開になったらブログのネタにもなるのにな。

等と考えていたら、

間もなく、スマホがブルっと。

f:id:nmory:20150722003359p:plain

 

 

 

 

えっ?

これって。

そう、通った場合の承認通知です。(問題あるとまずいので、本文は示しませんが)

 

ここからが本題なのです

さて、ここで注意してもらいたいのが、時間です。

申請から、17:57申請→18:19承認。

アマゾンのアメリカの企業だから、申し込みの際の電話の認証も国際電話でかかってくるし、時間がかかるんだろうなと思っていたら、審査期間22分です。

相当早い。まるで音速のコンコルドのようだ。

申請って、アマゾンお急ぎ便だったっけ。。

とりあえず通ったからいいや。

しかしアマゾンも仕事早いな。

なんて感心する間もなく、おやっ?と思う現象が。

Amazonは申請時のメールで、以下のように言及しています。

あなたのWebサイトを検証したうえで、改めてプログラムへのご参加について正式なEメールをお送りします。

しかし、たまたまはてなカウンターでログを見てしまったのです。

その時間帯には・・・当ブログへのアクセスが一つも・・・。

だめだ、これ以上は言えません。

いや、ちょっとまてよ。

これはもしかしたら、

真夏の怪奇現象かもしれないな。

なんて、せっかくもらったアカウントを消されてもつまらないので、これぐらいにしておきます。。

おそらく、これを読んでいただいた方のご想像の通りです。

 

これから申請を考えている方、ブログの中身もさることながら、アマゾンとの信頼関係(簡単に言えば、購入実績)を築くことを強くお勧めします。

だって、ビジネスパートナーですから。。

 

せっかく審査に通ったら、商品選びの参考に!

Amazonアソシエイトの効率的かつ効果的な商品選びのコツなど - サラサラいこうね。

 

審査待ちの間にA8も登録しておくといいかもしれない。

勉強になる記事も豊富です。 

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

 

最終更新日2017年10月14日

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。