サラサラいこうね。

― ストレス社会をサラサラと過ごそう ―

森氏はわざと失言している。


森喜朗氏の「たったの2500億円を国が出せないのか」との発言に批判が集中しているが、冷静に考えてみるとここに批判が集中するのは予定調和なのかもしれない。

下村大臣のなすりつけと安藤委員長のおトボけを見るかぎり、迷走しているようだ。

2520億円って言うけど。

大金ではあるけれど、これを見直す手順の決め方がどうも釈然としない。

その建設費の積み上げの根拠はどうなっているのだろうか?

実施設計をしているから、それなりに根拠はある数字なのだろうが、要因が外的環境のせいにされているところが怪しいものだ。もちろん、資材単価の高騰や慢性的な建設作業員不足もあるから、高くはなるだろうが、ここまでの比率は行き過ぎのようにも思う。そのため、もっと詳細に積むべき等の声があってもいいように思うが、まるで何かにコントロールされているようだ。

倍近い金額にインパクトがあったから、それが独り歩きしているんでしょうけれど、でも、もっと前に最大3000億円って言っているからね。

それと、森氏はデザインについて、「生カキがどろっとたれたみたいで嫌だった」と言っている。反対だったのに進められたという伏線ではと勘繰るものもあるが、これは本心からの発言で、単純に、ラグビーWCを持ってくるときに新国立でと三味線を弾いてしまったと想定でき、本当に工期を気にしているだけなのかもしれない。

国際コンペなのになんだか、杜撰です。

ところで、白紙に戻すと総理は言ったけれど、コロッと変えていいのでしょうか?

デザイン料として払ったお金13億円は支払い済みとのことだが、このお金も、もちろん税金。どうするの?

また、お金と時間をかけて準備をしてきたコンペの参加者も腑に落ちないはずだ。このコンペの業務説明書を読んでいないから、詳細はわからないが、普通に考えてみれば、コンペの費用は応募者が全額手弁当か若干の対価があるとしても、相当の負担を強いられることとなる。それなのに、結果的に特定者なしのコンペに参加させられたようなものだから、今回の「白紙に戻す」発言は損害賠償を請求してもいいレベルのひどい話である。

※この手のコンペでは、想定外の大規模な天災や戦争など著しく事業の実施が著しく困難な状況となった場合は無効になることをうたっていることも多いが、このケースは想定外の状況ではなかろう。

そのような、多大なコストがかかるコンペに、参加者対応への懸念を持たずに日和見的に話をすすめる政府の動きは、大いに気になるところだ。

一からの見直しで、いい物を作る時間はあるのか?

もし本当に見直すとしても、40以上もの応募があったのであれば、そこからの敗者復活から始めたり、現状の案をほぼ実現できる金額で建設提案を求めたり、これまでの検討を無駄にはしない方法も考えていくことは、最小の時間で最大の効果を得る助けになるのではないか?

また、それなりに収入があった旧国立競技場も壊しちゃったんだから、早く作って回収することも重要。慎重にすすめるのは大事だけれど、慎重に行き過ぎて全体で損をすることは避けないといけない。ラグビーWCという、ちょうどいいこけら落としを失ったから1年分は空いちゃいましたが。

しかし、現政権もカネで解決できない事態が起こる可能性もはらんでいる重要法案は国民の理解も求めずゴリ押しする実行力があるんだから、金で解決できることぐらいすすめちゃえよとも思います。

振興名義の時限立法で五輪前の5年間位、法人税率を0.1%ちょっとあげれば2000億円位でしょうか?調達手段はいくらでもあるはず。円安で儲けた企業から少しもらえばいいのに。

どうせ、もう支持率は回復しないんだから。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。