サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

思い起こせば、芥川賞を狙っていた頃もありました。


半分冗談ですけど。

えっ、じゃあ、半分は本気だったのか・・。

 

と冗談はさておき、ピースの又吉さんが芥川賞を取りましたね。

会見では太宰のことばかりでなんだか、いまいちでしたが。

(そういう編集だったのかな)

 

さて、芥川賞って、どちらかと言うと話題性が重要なんです。

普通の人が普通にいい話、おもしろい話、心にしみる話を書いてもノミネートすらされません。

話題性のある新人向けの賞なんです。

色々な記事を見ると、芸人だからとれたんじゃないの的なコメントもちらほら見受けられます。

そんな時、

あなたたち何言ってんの、だからでしょ。

って思うわけです。

絶好の候補者ではないですか。

 

ただ、三島由紀夫文学賞の候補に挙がるくらいだから、ちゃんとはしているんだとは思います。

文學界に投稿したというのもちょっと骨太で驚きでした。

作家に鞍替えしていきたいなら、ねぇ。

とりあえず、ポプラ社小説大賞とかいう選択肢もあっただろうし

 

又吉さんの場合、おしゃれでファンもたくさんいるだろうし、いい作品かもしれないけれど、ごめんなさい。

お笑い芸人であることと、太宰治を意識させる見た目や、立ち居振る舞いに、

なんだか商い臭いバイアスを感じてしまい、どうしても書店で「火花」を手に取ることすら(立ち読みすら)できませんでした。

でも今度、自信を持って文藝春秋で読もうと思います。

それで読んでみてよかったら、応援します。

でも、もしこのまま純文学を貫くのであれば、お笑いの仕事はきっぱりとやめてほしいけどなぁ。

物語を読むにあたり、作家のイメージは本当に大切です。

そういうイメージづくりでは、村上春樹さんはさすがですね。

って、飛び道具的な話の締め方でスミマセン。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。