読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラサラ行こうね。

ストレス社会にサラサラした生活を

ドイツでファストフードの食べ歩きをしてみた。


こういってはなんだけれど、日本食に慣れてしまっている方は、

ドイツにはあまりおいしいものを期待しない方がいい。(かもしれません

同じようなものは日本にもあるし、そっちの方がよっぽどおいしい。

 

地元で働く人に聞くと、外出中は「腹が鳴るから物を入れる」程度の食の認識のドイツ人が結構いるらしい。

 

それに、最近では為替の影響で、何でもかんでもとにかく高い。

明らかにアベノミクスの副作用です。

 

とはいえ街を歩くとお腹が空いてしまうのですが、

アムマインからレーマー広場まで歩き、そこでブラブラしていると、

フランクフルトで一番おいしいものを見つけました(笑)

ビールだけでなく、ホットドッグも。

ホットドッグのソーセージはビーフとポークを選べます

ただ、これでビールとセットで6.9ユーロ。割高感は否めません。

(ちなみにビールだけなら2ユーロくらいで、これは安い。)

f:id:nmory:20150412113504j:plain

 

カリーブルストcurrywurst)も日本人好みの味だ。

ソーセージがそのままであったり、切ってあったり、大きさもまちまちで、料理の体裁は各店まちまちだが、要はカレーフレーバーのソースがかかったソーセージだ。

だいたい一皿6~10ユーロといったところだろうか。

 

下のは小さく見えるが直径3~4㎝位のソーセージだから結構なボリュームだ。

二人で一皿ぐらいで十分かもしれない。

ちなみに、ほぼ100%ポテトがつくのはドイツらしいところ。

おいしいけれど、大体途中で飽きる。

f:id:nmory:20150412122515j:plain

 

ドイツにきたら、ビールもいいけど、アプフェルヴァイン(Apfelwein)も飲んでみるといい。

読んで字のごとくリンゴのワインであるが、日本で言うところの焼酎のようなものだろうか。

アプフェルヴァインはそのままでも、もちろんいけるが、炭酸割りはフランクフルトではとてもポピュラーだ。

日本で飲むシードルほど甘くはないから、食事中にもごくごく飲める。

割ったものと割らないもの、どちらもお試しいただきたいところ。

f:id:nmory:20150412113558j:plain

 

 

次回はレストランで食べたものをつらつら書きます。

当ブログの記事および写真等の無断流用はお控えください。